リスティング広告:コラム

機会損失を出さないための対処法

どんなビジネスでも、年間を通して「ここは集客しておきたい」と考える時期というものがあると思います。

業界の繁忙期であったり、または逆に閑散期、時期によって検索数が大きく変わる季節モノの商材を扱っているといった場合ならば、その時期は特に、広告の表示機会を逃したくない、と考えると思います。

このように、しっかりリスティング広告で集客をしたいと考える時期に気をつけておかなければいけないのが、インプレッションシェアの損失率ですよね。

インプレッションシェアの損失率とは、広告の表示機会に対して、どれほど損失が出たか、の割合の事で、インプレッションシェアの損失率が低ければ、当然、ユーザーが検索したときにきちんと広告が出ているという事になり、インプレッションシェアの損失率が高ければ、所謂、機会損失を多く出しているというようにも考えられます。

そもそも、きちんと設定をしているのにもかかわらず、入札しているキーワード(狙っているキーワード)で検索がされたときに広告が出ない原因というのは、大きく分けて2つあります。

1つは「広告予算」の関係です。

1日の予算を低めに設定をしておくと、デフォルトの状態だと、狙っているキーワードで検索がされたとしても、その1日の予算で24時間均等に広告表示されるよう自動調整されてしまうので、広告が出たり出なかったり、という状態になってしまいます。

また、予算消化の設定を「なるべく早めに集中」と設定していたならば、その日の予算に到達してしまったら、それ以降、検索されたとしても広告は表示すらされません。

なので、”ここぞ”というときには、広告予算の増額を検討する必要があります。

管理画面内で、「インプレッションシェアの損失率(予算)」というのは調べる事ができますので、過去のデータを確認し、どれくらい広告表示機会の損失が出ているのかを調べて、予算をどれくらいにしたら良いのか検討してみましょう。

また、この予算によるインプレッションシェアの損失率を改善する方法として”キーワードを絞り込む”というのも、一つの手だと思います。

無駄になっている、あまり成果に繋がっていないキーワード群は停止/削除してしまえば、そこに使っていた広告費が、より効果の高い部分へ配分されるため結果としてインプレッションシェアの損失率の改善にも繋がります。

ですが、「無駄になっている」、「あまり成果に繋がっていない」キーワードについては、狙っている時期だとか、そういうことにかかわらず、普段から改善していかなければいけない部分でもありますので、そういった事は常にやっていくように心がけていかなければいけません。

また、インプレッションシェアの損失率は予算の他に、「広告ランクが低いあまり広告表示がなされなかった」場合にも発生します。

これは文字通り、広告ランクが低かったために、広告表示機会があったにもかかわらず、広告が表示されなかった数の割合になります。

改善する方法として、手っ取り早いのはキーワードの入札価格を上げることですが、他には広告の品質を上げていくことで改善されていきます。

キーワード、広告文、広告のリンク先ページ、ウェブサイトなどを見直し、より質の高い広告にしていくことで、この損失率は改善されていきます。

たまに、2つの広告文に対してA/Bスプリットテストをしていると、広告表示機会を同じようには配信すると設定しているのにもかかわらず、2つの広告文の広告表示回数に大きな差が生まれることがあります。

これは一方の広告文の品質が悪いため、広告表示機会があったのに広告が表示されなかった状態で、その質の良くない広告文の出番のときは損失が起こっているというように考えられます。

広告を出したい時期であるならば、原因が何であれ損失は出したくないと思いますので、そのような原因で損失が発生している場合にも、パフォーマンスの高い広告文に切り替えるなど、適宜対策が必要ではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。