リスティング広告:コラム

広告の設定はターゲットユーザーに向けたものに

リスティング広告を実際に運用されている方であれば理解していると思いますが、リスティング広告はただ単にアクセス数を上げるためのものではありません。

突き詰めて言ってしまえば「売り上げを上げるため」にリスティング広告を活用すると言えるのだと思いますが、その「売り上げを上げる」ために、リスティング広告では自社の商品やサービスを購入してもらえそうなユーザーに対して広告を表示させ、購入してもらえそうなユーザーにクリックしてもらわなければいけません。

なので、キーワードを選定し設定する時でも広告文を作る時でも「自社の商品やサービスを購入してもらえそうなユーザーとは誰なのか」という所を考えて設定してく必要があります。

例えば、「キーワードを選定する」という作業にしても、売り上げを上げるためには、まず「自社の商品やサービスを購入してもらえるユーザー」に広告を表示させなくてはいけません。

扱っている商品やサービス、業態によっても選定するキーワードは変わってきますが、自社の商品が持つ強み、特長などによってもキーワードは大きく変わってきますので、誰がターゲットなのかという所を常に意識して選定していく必要があります。

また部分一致でキーワードの入札をしている場合、少なからず関係の無い、コンバージョンには結びつかなそうなキーワードで広告表示され、クリックされている事があります。

もちろん、それら全てに購入の意思がなかったとは判断できませんが、「このキーワードではコンバージョンしないだろう」と思えるものがたくさん出てくる事がありますので、そういう場合には、そういった関係の無さそうなキーワードは除外キーワードとして設定していくか、入札しているキーワードを部分一致ではなくフレーズ一致や完全一致にしていく事も考えていく必要があります。

広告文を作成する時にも同じ事が言えますが、広告文の場合には、それにプラス競合他社の事も考えていかなくてはいけません。

広告が表示される時には競合他社の広告が一緒に表示されることがあります。今では他社の広告が全く表示されないという事のほうが珍しいくらいなので、ユーザーに興味を持ってもらう事と合わせて、自社の商品やサービスの強みや売りを出していき競合他社よりも自社を選んでもらうような広告文にしていく必要があります。

また広告文でもキーワードと同じように、そのキーワードで検索する人全てが購入を検討している訳ではありません。

広告文で伝えるのは文字数の制限もあり難しい部分もありますが、出来るだけターゲットに向けた広告文を作るように心がけ、ターゲットではないユーザーが見た場合には「探しているものはこれじゃないんだ」とわかってもらえるような、そんな広告文を作っていく事が大切です。

ただ、こうして書く事は簡単ですが、効率良くコンバージョンを獲得するための広告文を作ることは非常に大変な作業ですよね。

広告文も出してみないとわからない部分が多いので、基本的な所を抑えて、あとはテストを繰り返していく事が、結果として近道になるのではないかと思います。

キーワードの選定も広告文作りも、当たり前の話ですが「自社の商品やサービスを購入してもらえそうなユーザー」に向けたものにしていかなくてはいけませんが、リスティング広告は結果が良くても悪くても全て掲載結果は数値として残っていきますので、改善をしていく時にはその数値から問題点を読み取り、良い方向へ徐々に改善していく事も大切な事だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。