リスティング広告:コラム

コンバージョンユーザーと全ユーザーを比較して改善施策を考える

リスティング広告を運用されている方は、リスティング広告の管理画面だけではなくGoogleアナリティクスなどアクセス解析ツールを入れて分析し、改善に役立てている方も多いと思います。

ウェブサイトへのアクセス数はもちろん、どんなユーザーが来訪し、どのページを見てどこから出て行ったのかとウェブサイトの動きを数値として把握する事が出来るため、広告の効果を検証するため、またはウェブサイトがきちんと機能しているかどうかなど様々な角度から数値を確認する事が出来ます。

このGoogleアナリティクス等のアクセス解析ツールは、本当に様々な数値を見ることが出来るため、とても便利なツールなのですが、たくさんのデータが見れるがゆえに、「どこを見たらいいのかわからない」とか「難しい、難しそう」というような印象を持っている方も少なくありませんよね。

アクセス解析で見ていくべき数値というのは、ウェブサイトの役割やウェブでのプロモーションの目的によってかなり変わりますが、一つ、「全ユーザーの数値」と「コンバージョンユーザーの数値」を比較して見比べてみると、いろいろな事に気が付くこともあります。

Googleアナリティクスの場合、全ユーザーとコンバージョンユーザーの数値を比較するための設定方法は本当に簡単で、Googleアナリティクスの画面上部にある[+セグメント]というところをクリックし、「コンバージョンに至ったユーザー」にチェックを入れるだけで、全ユーザーとコンバージョンユーザーとの行動の比較をすることが出来ます。

ユーザーサマリでは、コンバージョンをしたユーザーが他のユーザーと比べてサイトの滞在時間はどうだったのか、PV数はどうだったのかなどを確認する事が出来ますし、[集客]のセクションではどこからのトラフィックが効果的だったのか、[行動]のセクションではコンバージョンユーザーはどのページを見ているのか、どのページを長く読みこんでいるのか、などを確認する事が出来ます。

ここから、例えばですが、デバイス別の数値を見てスマホのほうが良さそうだというのであれば、リスティング広告での予算の使い方をスマホに寄せていったりする事も出来ますし、フックとなっているページがあるのであれば、そのページでの訴求の仕方を広告文に反映させたり、そこから新たなキーワード、新たな切り口の発想に繋げていく事も出来ます。

またコンバージョンユーザーだけのユーザーエクスプローラーを見てみると、お問い合わせフォームの直近のページはどこだったのかとか、どういう経路でページを見ていったのかなど個別のコンバージョンユーザーの行動が手に取るようにわかります。

大抵の場合、”お問い合わせ完了”や”購入完了”、”会員登録完了”などのゴールページにアクセス解析のコンバージョンを設定していると思いますので、難しい事を考えずに、比較的簡単にデータを参照する事が出来ますので、まずはこういったところから数値を把握し改善に役立てていくとよいかもしれません。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アクセス解析   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。