リスティング広告:コラム

広告文は大げさな表現よりも関連性を大切に

リスティング広告の運用をするにあたり、作業として重要なものとして「広告文の作成」がありますよね。

限られた文字数の中で自社の商品やサービスを伝えるのって、やってみた事のある方なら「意外と大変だな」と感じていると思います。

ユーザーにクリックしてもらうために、タイトルに記号や数字を使ってみたり、たまには少し大げさな表現を使ってみたりと、色々と工夫しながら広告文の作成をおこなっていると思います。

もちろん、検索ユーザーに対して自社の商品やサービスを認識していただかなければいけないのでクリックしてもらうために、先程のようないわゆる「目立つ広告」を作ってクリックしてもらうというのも良いと思いますが、「リスティング広告を運用する」という観点で広告文を作成するのであれば、一番重要な事は「キーワードとの関連性を高める事」ではないでしょうか。

キーワードと広告文の関連性を高める事が出来れば、広告の品質も上がるため、低いクリック単価で上位に広告掲載が可能になります。

掲載順位はそのままでクリック単価を抑えることが出来るという事は費用対効果が良くなるということですし、クリック単価がそのままで掲載順位が上がるということはクリック数が増える事にもなりますし、上位掲載されればコンバージョン率の改善に繋がる可能性もあります。

キーワードと広告文の関連性を高める方法としては以下の2つの方法があります。

・入札したキーワードを広告文に含める
・広告グループの再編成

「キーワードと広告文の関連性を高める」のであれば、やはり入札したキーワードは広告文の中に含めなければいけませんし、キーワードの集合体である広告グループは、様々なキーワードが混在しているケースがあるため、そういった場合はグループ分けを再度行わなければいけません。

その後はA/Bスプリットテストを繰り返し反応率の高い広告文を作っていくことではないかと思います。

一見、目を引くような広告文もアリだと思いますが、それは中身が伴っている場合です。

広告のリンク先ページと広告文の内容が違う、またはかけ離れている場合や大げさな表現、ウソなどはクリックされたらされた分だけ費用対効果も悪くなってしまうので、その点注意しましょう。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。