リスティング広告:コラム

新たなキーワードを発想するための考え方

リスティング広告を運用していると、キーワード選びの重要性を実感しますがアカウントを最適化していき、効果的なところに絞り込んでいくと費用対効果は改善されていきますが、広告の表示回数やクリック数などがリスティング広告開始当初の数値から低くなり、その後頭打ちになってしまう事があります。

もちろんクリック率を改善し広告の表示回数はそのままでも、クリック数を上げていく施策をしていく事も大変有効ですが、キーワードを追加し、新たなコンバージョンを探っていく事も時に必要となってきます。

その新しいキーワードを探す方法として、検索クエリから発想したりすることもありますが、「ユーザーを想定した中でどのようなキーワードがあるのか」を考えていくと、様々なキーワードが出てきます。

この方法はリスティング広告運用中でなく、初期の設定の段階でも同じことが言えると思います。

ユーザーを想定する手段は様々あると思いますが、例えば下記のような所から想定し、キーワードを考えていきます。

・自社の商品、サービスから想定する
・実際の自社の顧客から想定する

「自社の商品、サービスから想定する」というのは、自社の商品やサービスを軸に、その特徴からどのような場面で使われるのか、どのような悩みが発生した時に「欲しい」と思うのかという部分からユーザーを想定しキーワード(切り口)を出していきます。

「実際の自社の顧客から想定する」というのは、商品を購入した顧客、今現在も継続してお付き合いしてもらっている顧客などから、その顧客が自社の商品、サービスを探した時の状況はどんな感じだったのかを想定していきます。

ネットショップなど、売ってしまって終わりというビジネスであれば難しいかもしれませんが、継続してお付き合いをしていけるビジネスや実際にお客様と顔を合わせてお話しをする機会がある場合は、実際に聞いてしまったほうが早いかもしれません。

そういったユーザーの生の声は、もはや「想定」ではありませんので、そこも一つの切り口として考え、さらにそのユーザーの生の声から「こういうユーザーもいるな」というように広げていく事も出来ますね。

ユーザーを想定し、その中からキーワードを発想する。

そして、実際にそのキーワードを広告グループとしてアカウントに追加し効果を測定しつつ、アカウントの最適化を行っていく。

非常に地味な作業ですがそれを繰り返す事が成果をあげていく近道だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。