リスティング広告:コラム

Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチにラベル機能が追加

先日、Yahoo!プロモーション広告からラベル機能が追加されると発表がありました。

追加されるのはスポンサードサーチで、9月5日(水)を予定しているそうです。

Google広告を運用されている方であればかなり馴染み深い機能だと思いますが、Yahoo!プロモーション広告だけしか運用した事がない!という方もいらっしゃると思いますので、そういう方にとっては「ラベルってなんじゃ?」となるかもしれませんね。

リリースを見てみると、導入されるラベル機能について以下のように書いてあります。

ラベルを設定できる入稿物は、以下のとおりです。
・キャンペーン
・広告グループ
・広告
・キーワード

キャンペーンに、広告グループに、広告に、キーワードに、それぞれラベルを付けることが出来るという事ですね、Google広告のラベルとほぼ同じと考えてよいかと思います。

また、ラベル機能の追加に伴い、以下のパフォーマンスレポートの表示項目にラベルを追加します。
・キャンペーンレポート
・広告グループレポート
・広告レポート
・キーワードレポート

レポートの表示項目に「ラベル」を追加する事が出来るとの事です。

ラベルレポートだったりラベルで分割するなんてことは出来ないのでしょうか……?リリースを見る限りちょっとわかりませんでした。

また注意事項として以下のような事も書いてあります。

・ラベルの作成上限数は、1アカウントにつき1,000件です。
・1つの入稿物には、最大50件のラベルを設定できます。
・ラベルは各入稿物に個別で設定します。また、上位や下位の入稿物に設定した場合も、影響は受けません。

ラベルの作成数に上限があったんですね、でも1000件あれば大抵のことは対処出来そうです。また1つの入稿物に最大50件も問題ない数ですよね。

上位、下位の入稿物というのは広告グループから見て、キャンペーンが上位、キーワードや広告が下位ということなのだと思いますが、同じキャンペーン内、同じ広告グループ内であっても階層が違う場合には影響を受けないという事です。

こうやって書くとすごく難しそうに感じますが、実際にラベル機能を使ってみるとすごく便利な機能で、使いやすい機能でもあります。

ラベル機能を使う事で、広告の表示のされかたが変わったり、掲載順位が変わったりするものではありませんので、完全に裏方の機能とも言えますが、使うこなす事で広告の管理や運用がすごく楽になったり効果測定が楽になったりするので、使った事の無い方は是非チャレンジしてみるとよいと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 掲載ガイドライン   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。