リスティング広告:コラム

困ったら原点に立ち返る

リスティング広告は最初に設定したままにしておくのではなく、広告配信結果や広告の成果を確認しながら、問題点を見つけ、改善施策をしていくことでよりパフォーマンスの高い広告運用が出来る広告ですよね。

改善作業も、管理画面を開いて作業すればほぼリアルタイムで反映されるので、チャンスロスを減らす事が出来、スピーディに効果を改善していく事が出来ます。

リスティング広告を運用していると様々な数値が出てきますが、その数値の意味と改善策を理解し、きちんとした施策をしていけば、思っている成果に近付けていく事が出来ます。

コンバージョン数を増やすべく様々な施策をしていったり、1件あたりの獲得コストを下げるべく様々な施策をしていき、良い結果になる時もあれば、あまり効果が変わらない、または改善する前よりも悪くなってしまったなんて事もあると思いますが、このように施策を繰り返していくうちに、「このあとどうしたらいいんだっけ?」とか、「ちょっと手詰まりだな・・・」と感じてしまう事もありますよね。

目標数値に到達していないから改善していかなければいけないのに、改善方法が見つからない、もっと現実的にすぐ改善する方法が見当たらない・・・、というように思った時には、「一度原点に立ち返る」事をしてみると良いかもしれません。

毎日ひたすら数字を見ながら、その数字を改善するために日々様々な施策に取り組んでいると、どうしても目先の数字にばかりとらわれ過ぎてしまい、気がつくと「なんでこんな事してるんだろ?」と思う事があります。

そうやって気が付けばまだ良いのですが、盲信的に「クリック単価は絶対に下げなくちゃいけないんだ!」なんて考えて施策を繰り返している方はよくいらっしゃいます。

「そもそも、なぜリスティング広告を運用しているのか」をきちんと思い出せば、クリック単価が下がらなくても方法はあるよな、というように気がつく事があるはずです。

また、やるべきことを全てやりつくし、「もうやるべき事はない。でも望んでいる成果が出ていない」というように思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

上記の例と本質的には同じような事なのですが、少し余裕がある感じです。そんな時にも、「一度原点に立ち返る」と見えてくるものがあります。

「なぜリスティング広告を運用しているのか」、「どんな人にお客様になってもらいたいのか」、「お客様はどこにどんな状況の時にいるのか」という事を今一度考えなおしてみると、出来る事、やるべき事がまだまだある事に気がつくと思います。

もちろん、結局は数字で判断をしなくてはいけませんし、その数字を改善する事が売上に繋がっていくので数字を追いかける事が悪い事だとは思いません。

ただ、当初の目的を忘れてしまったら、間違った方向に進んでしまう可能性もありますし、目先の事、手先の事をやっただけで「もうやるべき事が無くなった」となってしまったら、もっともっと伸ばすチャンスがあったにもかかわらず伸ばす事が出来なかったという事にもなりかねません。

自社の顧客を増やしたり、売上を上げていくために、リスティング広告はお客様との最初のタッチポイントになるので、どんなお客様に、どんなタイミングで、どんな見せ方で、という事を改めて考え直すと、さらに次の一手が見えてくるのだと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。