リスティング広告:コラム

「検索する人が少ない」はリスティング広告をやらない理由にはならない

直接商品を販売するECサイトはもちろん、BtoBのビジネスでも幅広く活用されていて、ウェブ集客には欠かせない広告媒体の一つとなっています。

ただ、ごく稀に「ウチの商品はインターネットでは検索する人が少ないから」という理由でリスティング広告をやっていない方もいらっしゃいますよね。

確かに、合う/合わないというのはあるのかもしれませんが、やり方や考え方次第で新しい販路を開拓し、集客数をアップさせることは出来ます。

例えば、あまり知られていないニッチな商品やサービスを扱っている場合や、一般ユーザーにはあまり関係のない専門的な商材を扱っているという場合、元々検索をされる”数”が少なくて、リスティング広告をやってもあまり効果は期待できないと思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

少ない中にも、探している人がいるのであれば、その探している人に対して広告を用意しておくのは悪いことではありませんし、もし競合他社も同じように「効果がなさそうだ」と思い、広告出稿していないのであれば、低い単価で顧客を獲得出来るチャンスにもなりますよね。

きちんとターゲットユーザーの事を考えたキーワード選定と、キーワードに合わせた広告文作り、広告のリンク先ページを設定し、コンバージョン率を高めていく事で、顧客を獲得していく事が出来ます。

また、検索するユーザーの数=母数が少ないというのであれば、アイデア次第でその母数を増やしていく事も出来ます。

所謂、”切り口を増やしていく”という事ですが、「ターゲットユーザーがどのような行動をするのか?」、「どのような思考から検索を開始するのか?」ということなどを深く考えていくと新しい切り口を見つけられることもありますし、「他にターゲットユーザーはいないのか?」という視点から新たなターゲットへのアプローチも考えていく事が出来ます。

最初に書いたようにリスティング広告を使用する上で、業種・業態や商品、サービスによっては「合う/合わない」という事もあるのかもしれませんが、ただ単に「検索をする人が少ないんだ」という理由でリスティング広告をやられていないというのであれば、「少ないけれども検索する人がいるんだ」と考えを変えるだけで、新しい販路を開拓できるかもしれませんので、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。