リスティング広告:コラム

Googleアナリティクス データ保持期間の設定変更方法

Googleアナリティクスを導入しているアカウントで、先日から「[ご対応ください] Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ」というメールが来ている方も多いと思います。

通常の「機能が追加された」とか「変更された」だったら、そのままにしていても何かが変わることはないのですが、今回はGoogleアナリティクスを管理している方は設定変更などの対応をしなければいけないものになるので無視はできません。

このメール、ざっくりと説明するとGoogleが新しいデータ保護法「EU一般データ保護規則(GDPR)」の要件を満たすため、Googleアナリティクス内で保持しているデータについて、一定期間を過ぎたものは自動的に完全消去しますよ、という事。

で、必要な対応として、データ保持設定を確認の上、必要に応じて設定を変更してください、というものです。

この設定は2018年5月25日から有効になるようなので、Googleアナリティクス管理者はそれまでに設定を確認し変更しておく必要があります。

このデータ保持期間については、もうすでにGoogleアナリティクス管理画面内で確認することが出来ます。

まずアカウントへログインし、歯車アイコン(管理)をクリック。
アナリティクス管理→プロパティ

プロパティ内の[トラッキング情報]をクリック。
トラッキング情報→データの保持

トラッキング情報内の[データの保持]をクリックすると現在のデータの保持期間などの設定状況を確認することが出来ます。

データの保持期間

デフォルトだと「26ヶ月」に設定されています。

これはつまり26ヶ月より以前の情報については自動で削除されていくということになります。

今までどおり過去のデータを保持していくという場合には、「ユーザーデータとイベントデータ保持」の部分を「自動的に期限切れにならない」を選択して保存をすれば設定は完了です。

データの保持期間

対応しないといけないと思うとちょっと大変な気もしますが、作業的にはすごく簡単に終わります。

この設定、先ほども書きましたが2018年5月25日から有効となりますので、それまでに、出来れば早めに対応しておいた方がよいと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アクセス解析   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。