リスティング広告:コラム

外せないキーワードのパフォーマンスが悪かった時の対処法

リスティング広告を運用していると、「コンバージョン数を伸ばすことが一番大事なんだ!」とか、「1件あたりの獲得コストをどれだけ低くしていく事が出来るのか!」という事が大切だとはわかっているのですが、必ずしもそうでない場合もありますよね。

例えば、相対的に費用対効果が悪いとわかっているキーワードでも出稿していかなければいけないという場合。

複数の商品を扱っているウェブサイトで、ある特定の商品に関するキーワードの費用対効果が、他のキーワードと比べて著しく悪いとわかっていても出していかなければいけないケースです。

限られた予算内で、コンバージョン数の最大化や獲得コストの最適化を目指していくのであれば、こういった明らかに費用対効果の悪いキーワード群があったら、まずはそのキーワードを一時停止など出稿するのをやめるという措置をとることで、費用対効果の高いキーワードへさらに予算が配分され、アカウント全体でのコンバージョン数増や1件あたりの獲得コストの改善につなげていく事が出来ますよね。

そうはわかっていても「絶対に売らなければいけない商品やサービスに関するキーワード」など、外すことが出来ないキーワードが存在する場合もあります。

そういったキーワードがある場合には、あたりまえの話ですがキーワードの停止”以外”の方法で改善をしていかなければいけません。

一口に「費用対効果が悪い」と言っても、様々なケースがあると思います。

コンバージョンが1件も発生していない、というケースや、クリック単価が高すぎるため費用対効果が合わないというケース、コンバージョン率が低すぎるため費用対効果が合わないケースなどなど。

そういった費用対効果が合わない数値上の原因というのは管理画面を見ればわかりますので、まずは数値上の原因を特定し、その後、なぜそのようなことになってしまったのかを考えて、然るべき改善をしていく他ありません。

この”外せないキーワード”については、例えば、代理店などにリスティング広告の運用を依頼している方や、社外の人にリスティング広告の運用を任せている方などは、代理店の担当者や社外の人からすると、「なんで費用対効果が悪いキーワードにいつまでも固執するのか」とか「このキーワード削ればいいだけじゃん」と、なかなか理解してもらえないかもしれません。

「とにかく効率よくコンバージョンを獲得してくれ!そのためには手段や方法は選ばないから」という気持ちで任せているのであれば、別にそのような問題は起きないと思いますが、もし、特定のキーワードで広告表示をさせていくのであれば、そこは広告主として、出稿していきたいキーワードや売っていきたい商品のことなど、「効率だけが全てじゃない」という事を伝え、きちんと意思の疎通を図っていったほうが良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。