リスティング広告:コラム

広告文のA/Bテストには明確な判断基準を

リスティング広告は最初に設定をおこなってそれで終わり、というわけではなく、日々広告の効果を確認しながら、効果測定→検証→施策と繰り返しおこなっていく事でより効果的な広告にしていく事が出来ますよね。

そのリスティング広告の改善施策について、改善すべき個所は現在の広告の状況であったり、目指すべき目標などにより変わってくると思いますが、どんなケースでも広告文のA/Bテストというのは、様々な状況を想定して行っていると思います。

同じ広告グループに2つ以上の広告文を設定し、どちらの広告文が反応が良いかを見ていき、反応が良い広告文を残し、反応の悪い広告文はまた別の広告文と差し替える・・・、というのが一般的な広告文のA/Bテストになり、ユーザーがどのあたりに反応するのか、またはより見込み客からのクリック数を増やすために、クリック率を上げる施策ということでも用いられるテストです。

この広告文のA/Bテストは専門的な知識や難しいテクニックがなくても、比較的簡単に実施することが出来るというのも特徴の一つですが、この広告文のA/Bテストをおこなう際に、「判断基準」を明確にしておかないとテスト結果から次の施策までに迷いが生じてしまうということがあります。

例えば、Aの広告文のクリック率のほうが高かったのに、コンバージョン率はBの広告文のほうが高かった場合、どちらの広告文が効果的なのか、どちらを残していくべきか判断に迷ってしまいますよね。

基本的には広告文のA/Bテストはクリック率を上げるための施策でもありますので、クリック率が高いほうを残していったほうが良いというように考える事も出来ますが、”リスティング広告の目的”から考えると、どんなにたくさんクリックされようが、コンバージョンに結び付かなければ意味が無いため、Bの広告文のほうが良いのではないかと考える事も出来ます。

しかしきちんとターゲットユーザーに対してリーチが出来ているというのであれば、見込み客をより多く連れてきてくれるクリック率の高い広告文を捨ててしまうのは非常にもったいないことだと考えることもできます。

このようにせっかくテストをしてみたのにその結果からさらに選択することが困難な状況になってしまう事もありますので、どちらが大切なのかという判断基準を明確にしておくことが、次の施策にスムーズに移行できるポイントでもあります。

クリック率を取るべきかコンバージョン率を取るべきか、どちらがいいのかというのは、その時の状況や、A/Bテストの意味によって変わってくることもありますが、何も考えずにデータを見比べるのではなく、その目的に応じて判断基準を設けておくことは非常に大切だと思いますし、場合によってはそれら2つはそのままで、さらに新たな広告文を追加してテストは継続していくという判断でも良いのではないかとも思います。

この判断基準を決める際、”なぜそのようになったのか?”と、考える事も必要だと思います。

コンバージョン率が高い広告文があったなら、「なぜコンバージョン率が高いのか?」。

クリック率が高い広告文があったら、「なぜクリック率が高いのか?」。

100%の正解じゃなくても、そのことからなにかしらの仮説を導き出し、そこから「じゃあ、こうすればもっと良くなるのでは?」と仮説を立て、新しいテストをおこなっていくと、次回以降の判断基準がより明確になりますし、広告文の良し悪しの判断もしやすくなるのではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。