リスティング広告:コラム

キーワードを切り捨てる勇気と広げる勇気

リスティング広告の醍醐味は結果として出てきた数値を改善し、費用対効果を高めていくということは以前からこのコラムでも書いていますし、このコラムのテーマでもあります。

無駄なクリックをなくしていくということはリスティング広告を運用していくにあたって、とても大切な考え方です。
なにを以って「無駄」と判断するかはリスティング広告を運用している担当者によって様々あると思いますが、費用対効果を高めていくというのであれば、コンバージョンに繋がらない、またはコンバージョン率の低いキーワードというのは、”無駄なキーワード”と定義せざるを得ません。

そういったキーワードは一時停止にすることで無駄なクリックを減らしてくことが出来ますよね。

ですがたまに、ものすごくパフォーマンスの悪いキーワードがあったとしても「このキーワードはウチにとって一番メインのキーワードだから」という理由で出稿を続けているケースがあります。

こういうケースでは、入札価格を見直してみたり、部分一致であれば除外キーワードをきちんと設定するなどをおこなったり、場合によってはマッチタイプを完全一致にしてみたりと、リスティング広告の管理画面内で改善をおこなうと共に、広告のリンク先ページの変更や改善など管理画面外の改善をすることによってパフォーマンスが良くなるケースもあります。

管理画面内での改善と管理画面外での改善を繰り返していっても、数値の改善がなされないというのであれば、例えメインキーワードであったとしても、費用対効果を高めたいというのが目的であれば、そのメインキーワードは切り捨てていかなければいけません。

このケースとは逆に、費用対効果の高いメインキーワードを中心に少数のキーワードでリスティング広告の運用をしている場合、もう少しキーワードを広げてみて可能性を試していくことをおすすめします。

予算やその時のコンバージョン数などの兼ね合いによって変わってくるかもしれませんが、今後コンバージョン数を増やしていきたいという目的があるならば、キーワードの幅を広げていくことが必要となります。

キーワードの幅を広げていく場合、メインキーワードと掛け合わせたキーワードを増やしていくことも大切ですが、”メインキーワードの代わりとなる軸キーワード”を増やしてテストしていく事も非常に大切です。

コンバージョンの柱となる軸キーワードを見つけることが出来れば、より多くのコンバージョンを安定的に獲得していくことが出来ますし、アカウント自体にも余裕が生まれ、さらにテストを加速させていくことが出来ますよね。

現状、リスティング広告からの販売や集客に対して特に不満がないというのであれば、そのまま現状維持というのも選択肢の一つとしてはありだと思いますが、費用対効果が高い今だからこそ、新たなキーワードをテストしていくべきじゃないかとも思います。

費用対効果が下がり、パフォーマンスが悪くなってからでは、テストなんてしている余裕すらなくなってしまうため、将来的に安定して費用対効果の高いリスティング広告を運用していくのであれば、今のうちにキーワードを追加するという勇気を出すことも必要なことではないでしょうか。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。