リスティング広告:コラム

本当に完全一致が最強?

リスティング広告でキーワードを入札(登録)する際に、「マッチタイプ」というものを設定します。

これは入札するキーワードに対して”どの程度マッチしたら広告を表示させるのか”の設定の事で、主に以下4つの種類があります。

・部分一致
・絞り込み部分一致
・フレーズ一致
・完全一致

「部分一致」というのは、入札しているキーワードに対して、そのキーワードそのものでの検索はもちろんのこと、ワードが前後していたり、キーワードの前後に他のワードがくっついているもの、部分的に一致しているもの、意味が同じもの、意味として近いものなどと検索されたときに広告が表示されるマッチタイプです。

幅広く広告表示できる反面、意図としない検索クエリでも広告が表示されてしまう可能性が高いというデメリットもあります。

その真逆のマッチタイプは「完全一致」。

これはその名のとおり、入札しているキーワードに対して完全に一致した場合のみ広告が表示されるマッチタイプで、厳密に言うと類似パターンも完全一致として判別される事もあるため、完全に”完全一致”ではありませんが、意図しない検索クエリに広告を表示させないという点では部分一致とは真逆の性質をもつマッチタイプだと言えると思います。

通常、何も設定をしなければ「部分一致」としてキーワードは登録されてしまうからなのか、それとも無駄なクリックが生まれてしまうからなのかわかりませんが、「完全一致」が偉くて「部分一致は悪だ」、とか「初心者だ」なんて思われる方もいらっしゃいますよね。

たしかにマッチタイプを細かく設定したアカウントの方が”やっている感”が出て、部分一致だけのアカウントだと”初心者感”が出てしまうというのは、なんとなくわかる気がしないでもないですが、完全一致が最強のマッチタイプかと言ったら、それは間違いで、最強のマッチタイプは「部分一致」です。

「完全一致は無駄なクリックも発生しないじゃないか、部分一致は無駄なクリックが発生するじゃないか!」と思われる方もいらっしゃると思います。

それは本当におっしゃる通りなんですが、”無駄クリックを限りなく0に近い状態まで排除出来たらならば”、それはもう完全一致の比じゃないくらい強くなるということはわかりますよね。

コンバージョンとなった検索クエリを見てみるとよくわかりますが、「こんなキーワードで検索する人がいるの?」とか「このワードでコンバージョンするんだ」、「こういうのがあったな!」と気が付くことがよくありますよね。

完全一致の場合、それらの検索クエリを拾えなくなるという事ですので、当然、部分一致よりも取りこぼす事となります。

コンバージョンに到底結びつかないような検索クエリについては除外キーワード(対象外キーワード)である程度排除する事が出来ますし、さらに絞り込み部分一致の機能と合わせて設定すれば、完全に0とは出来ないまでも、かなりの無駄クリックの排除をしていくことも可能です。

完全一致でも可能な限り、思い付く限りのキーワードをすべて完全一致で設定していけば、上記の”限りなく無駄クリックが0に近い状態の部分一致”と同じように出来るかもしれませんけど、労力もさることながら、自分たちの思考のプラスαにまで広告配信を広げることが出来るのはやはり部分一致なのではないかと思います。

もちろん訴求の仕方やその時の状況によって適宜マッチタイプを設定するのがベストの設定方法ですが、最初に書いたとおり、部分一致にだってデメリットがあり、このデメリットがかなり大きなデメリットでもあるわけですが、きちんとそのデメリットをカバーすべく設定をした部分一致は完全一致に勝るかなり強いマッチタイプなんじゃないかな、と思い書かせていただきました。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アカウントの設定, キーワード   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。