リスティング広告:コラム

ウェブサイトの内容を見直してコンバージョン率を上げる

リスティング広告は、キーワードを選定する事でターゲットをウェブサイトへ誘引することが出来る集客するためのツールです。
日々、アカウントの数値改善を行い、広告費の最適化やコンバージョンの効率化を行っていると思いますが、なかなかコンバージョン率が改善されないという方も多いと思います。

そもそもターゲットが自社のウェブサイトに訪問しているわけだから、コンバージョン率100%でもおかしくない!と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、コンバージョン率が改善されてきたとしても、コンバージョン率が1%未満だったという場合、「自社の商品やサービスの良いところをきちんと伝え切れていないのではないか」という事も考えられると思います。

皆さん、ビジネスをする上で部分的には負けているところもあるかもしれませんが、少なからず競合他社よりも自社の商品やサービスのほうが「絶対に良いものだ」と思ってやられていると思います。そうでなければ営業活動なんて出来ませんし、自信のないものに広告費を掛けようと思わないですよね。

競合他社と契約をしたという人を見て、「同じ費用を出すのであればウチのサービスのほうが格段に良いんだけどな~」なんて思われた経験もあると思います。

なぜそのように思うのか・・・、それは自分が「自社のサービスの事をよく理解している、競合他社よりも優位なところを理解している」からにほかなりません。
逆を言えば、自分では理解している「自社の商品、サービスの良いところをユーザーに対して伝え切れていない」ということになります。

簡単な例えで言えば、パソコンをとにかく安く買いたいと思っているユーザーがいるとします。
自分のお店では、他店のお見積もりを持って来て価格交渉してもらえれば、その他店の金額よりも安くする(実質一番安く販売できる)というサービスをしていたとしても、その事を書いていない、またはわかりづらかったら、そのユーザーがウェブサイトを訪れたとしても、先に安い価格を提示していた他店で買ってしまいます。

こういったわかりやすい例でなくても、例えば目に見えないような事「接客態度が良い」とか「担当者の人柄が良い」とか、自社の商品やサービス含めて競合他社よりも良いところがたくさんあるのにも関わらず、その事を伝え切れていないというのであれば、それはすごく残念な事だと思います。

広告のリンク先ページの改善策はデザインを見直したり、ユーザー動線を考えたりなどいろいろとありますが、まずは「そのページに書かれている事を見直す」事からはじめてみるのはいかがでしょうか。
その後、書き直したウェブサイトの文言に合わせて、リスティング広告の広告文も一貫性を持たせた文章にする事で自社の商品やサービスを求めているコアなユーザーが集まると思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。