リスティング広告:コラム

伝えることは明確にわかりやすく

リスティング広告ではターゲットユーザーへリーチをするためのキーワード選定や、ユーザーにアクションを起こしてもらう(コンバージョン)ためのランディングページも非常に重要なのですが、ターゲットユーザーに訪問してもらうための「広告文作り」も非常に重要な作業の一つですよね。

広告文に関して、キーワード選びやランディングページの作り込みと比べると、あまり重要視していないという方も多くいらっしゃいますが、広告文一つでコンバージョン数やコンバージョン率、獲得コストなど変えていくことも出来ますので、あまり軽視するのはよくありません。

リスティング広告の広告文を作る上で大切なことは、「誰に何を伝えるのか」ということ。

あたり前と言えばあたり前なのですが、キーワードの選定、マッチタイプの設定や除外キーワードの設定などで、ある程度”誰に広告文が見られるのか”というのがわかりますよね。

その「誰」に対して、伝えなければいけないことを”明確に”広告文にしていくことがとても大切です。

「アナタの探しているものがここにありますよ」という事を明確に伝える、伝わるような言葉で広告文を作ることが出来れば、ターゲットユーザーの来訪を促す事が出来ると同時に、”ターゲットではないユーザーを排除する”事にも繋がります。

曖昧な表現で呼び込むとターゲットユーザーなのかそうでないのかのラインも曖昧になってしまいますので、コンバージョン率も下がってしまいます、もちろん狙って曖昧な表現をする事もありますが、そこを狙っていないのであれば、クリックした先に何があるのかを明確にした広告文を作るように心掛けましょう。

また、来訪してもらいたいターゲットユーザーに対して「期待感を持ってもらう」というのも大切な要素ではないかと思います。

「自分が探しているものがありそうだ、ウェブサイトを見てみたいな」と期待をさせつつ、その期待をランディングページでさらに超えることが出来れば高確率でコンバージョンに繋がるのではないかなと思います。

こうやって考えると、これもあたり前の話なのですが、ランディングページ(やウェブサイト)のコンテンツと広告文というのは切っても切り離せないですし、ターゲットユーザーとの最初のタッチポイントとなるキーワード選定&設定とも切り離すことが出来ませんので、誰(ターゲットユーザー)に最終的に何をしてもらいたいのか?を最初の段階で明確にして、その目的に合わせて一貫してキーワード、広告文、ランディングページと組み立てていくことが大切なんですね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。