リスティング広告:コラム

Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチの広告最適化機能が改善

Yahoo!プロモーション広告から、広告の最適化機能が改善されるというアナウンスがありました。

改善が行われるのはYahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチだそうです。

実施日は2017年9月30日(月)を予定しているそうで、現在、広告の表示頻度を調整する「広告表示の最適化機能」が改善されるとの事です。

その具体的な内容な、広告表示の最適化機能として、現在「最適化して配信(クリック率の高い広告を優先的に配信)」、「均等に配信(90日間均等に配信、その後最適化)」、「最適化して配信(コンバージョンが期待できる広告を優先的に配信)」の3つがありますが、この3つが「最適化して配信」に統合されるとの事、つまり、この3つの最適化メニュー+「最適化しない」の合計4つの選択肢があった広告の最適化機能ですが、今後は広告の表示を最適化して配信するか、最適化しないかの2択になるのだそうです。

↓現在の最適化メニュー

Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ最適化メニュー

Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ最適化メニュー

と、ここまで聞いて、あれ?と思った方も多いと思います。

8月末ごろにGoogleアドワーズも同じような広告のローテーションについての機能改善を発表していました。

毎度のことながら細かな名称の違いはありますが、開始日もGoogleと同じで、中身も基本同じという事になります。

今回も広告主側で特に設定変更する必要はありません。

広告の最適化メニューである「最適化して配信(クリック率の高い広告を優先的に配信)」、「均等に配信(90日間均等に配信、その後最適化)」、「最適化して配信(コンバージョンが期待できる広告を優先的に配信)」に、現在設定しているキャンペーンは、9月30日以降は自動的に「広告の表示を最適化して配信」になるとの事、「最適化しない」に設定しているキャンペーンはそのまま何も変わりはありませんが、自動入札機能を設定している場合には、「最適化しない」を選択しても、広告配信時には「最適化して配信」となって広告配信されるとの事ですので、その点だけ注意が必要です。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。