リスティング広告:コラム

リスティング広告で広告文を作る時の基本

リスティング広告において、広告文は非常に重要ですよね。

ターゲットユーザーに対して、自社の商品やサービスがどういうものか、競合他社との違いはどこか、お客様にとってのメリットは何か、など限られた文字数で伝えていかなくてはいけません。

また、この広告文を作るという作業に”正解”というものはなく、広告から商品が売れた、お問い合わせがあった、というように成果が出てはじめて良かったのか悪かったのか決まるので、あえて言うのであれば、商品が売れる広告文だったり、お問い合わせが取れる広告文、が広告文作りにおける正解になるのでしょうか。

リスティング広告を運用する時には、上記のような商品が売れる、お問い合わせが取れるというような”コンバージョン”を効率良く獲得できるような広告文作りをしていかなくてはいけませんが、まず広告文を作る上で「このキーワードで検索する人はどういう人なのか?」という事は非常に大切で基本的な考え方ですよね。

売るものは同じでも、キーワードが変わると検索するユーザーも変わります。

ユーザーが変わるのであれば、その商品やサービスの伝え方もそのユーザーに合わせたものにしていかなくてはいけません。

キーワードの選定をして広告グループに分けたら、「このキーワードで検索する人はこういう人」というように想定をして、そのユーザーが求めているものは何か、それに応える為の文言はどういうものかという事を考えていきます。

同じ商品の購入を検討していても、その商品の用途によって広告文は変わる事があります。

また、その商品に対する理解の深さが違うユーザーがいたら同じ言い回しでは理解が出来ない、もしくは自分の求めているものじゃないと判断される可能性もあります。

同じような事かもしれませんが、広告文が持つ役割は「ターゲットユーザーをウェブサイトに流入させる事」と共に「ターゲットではないユーザーを除外する」という役割もあります。

キーワードでは絞り込めないターゲットユーザーに対して「あなたが探しているものではないですよ」と広告文で伝える事で、無駄なクリックを減らす事が出来ますので、そういう意味でも”誤解のない広告文”を作るという考え方も大切かもしれませんね。

広告文の良し悪しの判断指標としてクリック率を見ていく事がありますが、クリック率が良いからといって必ずしも良い広告文だとは言いきれない、というのはこういう理由からなんです。

このほか、広告文作りで重要なのが競合他社です。検索をした時に自社の広告文と同じように出てきますので、嫌でも比較されます。

なので、競合調査の時に確認する点は「他社がどこを訴求ポイントにしているのか」「何を売りとしているのか」という点を見ていかなくてはいけません。

他社と自社の広告の訴求ポイントが被ってしまっている場合、その他社と比較して勝てているのかどうか、勝てているのであれば広告文にワンポイント追加するなどしていき、他社よりも優れていると一目でわかる広告文にしなくてはいけません。

また訴求ポイントが被っていない場合、どこを訴求ポイントとしているのかを確認し、その訴求ポイントは「ユーザーにとってどう感じるのか」を推察する必要があります。

他社の訴求ポイントのほうがユーザーにとってメリットが多いなと感じるのであれば、自社の広告の訴求ポイントを変えるとか、さらに言い回しを変えてアプローチしていく等の施策をする必要も出てきますよね。

こうやって考えていくと現在リスティング広告で使用出来る文字数内では到底足りなくなってしまいますが、そこはリスティング広告を運用する者にとっては腕の見せ所になるのかと思います。

以上です、広告文を作る時、特に何パターンか作らなければいけない場合もあると思いますが、そういう時こそ基本的な考え方を忘れずに作る事が大切だと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。