リスティング広告:コラム
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント

変な先入観や思い込みは捨てる

リスティング広告を運用されている方の中には、「クリック単価が高いから」という理由だけでキーワードの入札をしない方もいらっしゃいますよね。

あと、「ビッグワードは高いから」とか言う方も。

業界によっては、クリック単価が数百円~1000円を超えるものもあったりするので、キーワードツールなどでクリック単価の予測数値を見てみた時に、その値があまりに高いと、「こんなに高いのか・・・」と躊躇してしまう気持ちはよくわかります。

クリック単価の高いキーワードというのは一般的には競合他社にも人気があり、上位に掲載させたいキーワードでもあります。(その限りではないケースもありますが)

人気があるということは掛けた費用以上のリターンがあるのでは?とも考えられますので、そのように考えると、ただ”クリック単価が高い”とか”ビッグワードだから”というように変な先入観や思い込みだけで、それらのキーワードを無視するのはちょっともったいないかもしれません。

例えばですが、クリック単価が500円のキーワードと100円のキーワードがあったとします。

クリック単価が500円のキーワードのコンバージョン率が10%、100円のキーワードが1%だとしたら、500円のキーワードは100クリックで10件のコンバージョン、1件あたりの獲得コストは以下のようになります。

500円×100=50,000円÷10=5,000円(1件あたりの獲得コスト)

100円のキーワードは100クリックで1件のコンバージョンなので、1件あたりの獲得コストは

100円×100=10,000円÷1=10,000円

ですよね。

もちろんこの例は5000円で費用対効果が合っているという前提ではありますが、このようにして見てみると、どちらを入札していったほうが良いのかは一目瞭然ですよね。

こんな極端な例はなかなか無いと思いますし、そもそもやってみないとわからないというところに難しさがあるわけなのですが、一般的には検索数の多いビッグワードのほうが母数が多い分コンバージョンの数も取りにいく事が出来ますし、母数が多いほうが改善もし易いというメリットがありますよね。

いろいろと考え方の違いもありますし、クリック単価の高いキーワードを狙っていけ!とか、ビッグワードを中心に入札しろ!なんて事を言うつもりはないですが、変な先入観だけでクリック単価の高いキーワードやビッグワードを毛嫌いする方が多いのも事実で、そういう方の話を聞くとちょっともったいないな、と日頃から思っているので、変な先入観や思い込みはまずは捨てて、ニュートラルな状態から、可能性を考えていくのもよいのではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。