リスティング広告:コラム

ビッグワードメインで運用する事に対する考え方

リスティング広告を運用する上で、いろいろと悩ましい問題もありますが、その一つに「ビッグワードの運用法」もありますよね。

競合他社の多いキーワードや商品単価の高い商材などであれば、クリック単価が高騰してしまって、中にはクリック単価が数千円になってしまっているキーワードもあります。

「1クリック数千円か・・・高いな」と感じて、ビッグワードでの出稿は諦めてしまう方もいらっしゃると思いますが、諦めてしまう前に”なぜクリック単価が高いのか”という事を今一度考えてみる必要があると思います。

クリック単価は「自社の広告の下に表示されている広告の広告ランク÷自社の品質スコア+1円」で決まります。
また上限の入札価格を決めていれば、基本的にはその価格を超えることはありませんが、あまり相場よりも低く設定している場合には出稿はしていても広告が全然表示されなかったりしてしまいます。

なので、”ある程度の相場”で入札価格を設定していかなければいけないと思い設定しているのだと思います。

その”相場”も競合他社が多い人気のビッグワードであれば、単価が高騰してしまって上記のような1クリック数千円なんてものが出てきてしまうわけですが、これは多少の上下はあれど、自社だけではなく、”競合他社も1クリックあたりにそれなりに払っている”という事でもありますよね。

さらに言い換えれば、競合他社は「どんなに高くても費用対効果が合っているのであれば出稿し続けても構わない」という気持ちで出稿しているのかもしれません。

基本的にビッグワードというのは、ユーザーからの検索数が多いので、広告の表示回数が多く見込めるキーワードです。

広告の表示回数が多い→普通に考えるとクリック数も多い→うまくはまればコンバージョンの「数」が取れるキーワード、と考える事も出来ます。

その為、費用対効果が合うのであれば出稿しておいて損はないキーワードと言えますよね。

コンバージョンの数が稼げるキーワードを発掘しようと思ったら、それはなかなか大変な作業ですのでビッグワードを外してアカウント全体の費用対効果を上げていくというのも戦略の一つだと思いますが、数を稼げるビッグワードをいかに費用対効果が合うようにしていくかというのも、戦略の一つとしてはアリですよね。

もちろんビッグワードをメインに置いて運用をしていく場合には、コンバージョンに繋がらないユーザーや購買意欲の低いユーザーからのクリックを除外していくために、ターゲティングの設定や除外キーワードの設定など、いろいろと気を付けて設定しなくてはいけない部分も多く、それこそビッグワード以外で運用する時よりも手間も時間もかかるのかもしれませんが、それだけ手間ひまかけても、それ以上のリターンがあるならばビッグワードにチャレンジする事も手の一つだと考えます。

今始まった事ではなく、これは以前から感じている事ですが、「ビッグワードは悪」みたいな雰囲気を感じる事があったり、「ビッグワード推しってシロウトだよね」なんて実際に口には出さないまでも、そんな風なオーラを出す方もいたりしましたが、私は個人的には全然そんな風に思っていなくて、やり方次第でビッグワードの部分一致はすごい武器になると思っていますので、あまり敬遠しないでぜひ一度検討してみてもいいのではないかなと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。