リスティング広告:コラム
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント

アクセス数が少ないからこその施策

リスティング広告はアクセス解析の数値と組み合わせて効果測定する事で、管理画面数値だけではなく、本当に様々な数値を確認する事が出来るようになります。

その数字を確認することで、「どんな人がウェブサイトを見てくれているのか」という事が解るため、それを施策に役立てていく事もできますよね。

アクセス数が多い/少ない日、アクセス数の多い/少ない時間帯などは扱っている商材やサービス、自社のお客様として考えているターゲット層によってだいぶ変わってくると思いますが、BtoBの商材の場合には夜間、土日や祝日のアクセス数が大幅に落ち込むことがよくあります。

確かにBtoBであれば検索するユーザーも業務時間中に検索をする方が多いと思いますのでアクセス数自体少なくなるというのは納得が出来ます。

そういった理由から、広告主の方は「夜間や土日はターゲットが少ないからと広告を止めてしまおう」と、停止してしまっている方もいらっしゃいます。

広告を停止にするというのは広告予算との兼ね合いもありますし、「夜間や土日はお問い合わせいただいても、しっかりとした顧客対応が出来ないから」という理由で停止にする事もあると思います。

また「明らかに無駄なところには投資をしない」というのはリスティング広告を運用する上で鉄則でありますので、きちんと効果測定した上で無駄だと判断した上で停止にするというのであれば問題ありません。

ですが、そういった理由もなく夜間や土日も広告を停止にしてしまっている、または「アクセス数が少ないから」というだけで停止にしてしまっていたら、もしかするともったいない事をしている可能性もあります。

例えばですが、夜間や土日など業務時間外にもかかわらず探しものをしているユーザーなので、もしかしたらものすごく興味、関心を持って訪問しているかもしれません。

また普段は通常業務に忙殺されているため、ゆっくりと検討する時間が夜間や土日しかないユーザーなのかもしれません。

そうであるならば、広告は出しておいたほうがいいですよね。

本当に興味関心の高い、質の高いユーザーかどうかというのは、アクセス解析での平均滞在時間や平均PV数、直帰率などの数値から読み解いていく事が出来ます。

他にユーザーエクスプローラーで1人1人のユーザーの動きを確認してみる、というのも有効な手段ですよね、1件ずつ確認するのは手間がかかる作業ですが、どのページを見ているのかを確認する事で実際に訪問したユーザーの追体験が出来ます。

アクセス解析から夜間や土日のユーザーが”質の高いユーザーだ”と判断出来たら、広告出稿を続けていくとともに、例えば「夜間専用のランディングページ」だったり「土日専用の広告文」なんかを用意したりと、色々と施策を打つことが出来ます。

平日よりも夜間、土日のユーザーのほうがより強い興味や関心を持っているユーザーだったならば、取りこぼさないために夜間や土日はより高い順位で広告が掲載されるように設定しておく事も出来ます。

アクセス数が少ないから施策を後回しにしてしまう気持ちはすごくよくわかりますが、実はそこにチャンスが隠れているなんて事もありますし、1件のコンバージョンが大きな売り上げに繋がるBtoBのビジネスだからこそ、その1件を取るための可能性ということを常に考えていく事は大切な事だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 指標の改善   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。