リスティング広告:コラム

Googleアドワーズ 動的サイトリンクを無効にする方法

リスティング広告は通常のテキスト広告以外にも、サイトリンクや電話番号オプションなど、そのほかの情報も掲載出来る「広告表示オプション」というものがありますよね。

もちろん設定の仕方によりますが、広告表示オプションを設定することでクリック率が上昇したり、ターゲットユーザーのウェブサイトへの誘導を強化出来たりと、良いことも多い広告表示オプションですが、その広告表示オプションの代表格として「サイトリンク」というものがあります。

これはGoogleアドワーズ、Yahoo!プロモーション広告と両方で設定が出来る広告表示オプションで、広告のリンク先ページに設定したURL以外にも、ターゲットユーザーを誘導できるため、広告主にとっても使い勝手がいいですし、ユーザーから見ても優しい広告表示オプションだと思います。

ただし、サイトリンクはただ使えば良いというわけではなく、誘導するユーザーのウェブサイトでの経路が複雑化してしまう事も十分考えられますし、広告主として「他のページを見せたくない」という事もあると思いますので、設定する/しないは、”ケースによって”になりますよね。

通常、サイトリンクとして表示させたいURLとその説明文を一つ一つ手動で設定していく必要がありますが、Googleアドワーズでは、「動的サイトリンク」という機能があり、デフォルトではその機能が有効となってしまっているため、場合によっては広告主が意図としないサイトリンクが表示されてしまう恐れがあります。

動的サイトリンクとは、ユーザーが検索をしたときに、その検索語句に一致する広告が他にもある場合、そのランディングページを元にサイトリンクが生成されるというもの。

また、人気のある自然検索でクリックされるランディングページからも自動で生成されるとの事です。

ちなみにこの動的サイトリンクについてはクリックされても広告費がかからないようですが、それでも狙っていないサイトリンクでの誘導は困る、という方も多いと思います。

この動的サイトリンクは、「通常のサイトリンク(手動)を設定すると、そちらが優先されるため動的サイトリンクは配信されない」という事のようです。

また、サイトリンクは自動であれ、手動であれ配信したくない、という方は無効にする事も出来ます。

動的サイトリンクを無効にする方法は、まずGoogleアドワーズの管理画面を開き、[広告表示オプション]タブの広告表示オプション一覧から[広告表示オプション(自動)]を選択し、「広告表示オプション(自動)の詳細」をクリックし、「このアカウントで利用可能なすべての広告表示オプション(自動)を表示」の横にある「編集」をクリック。

広告表示オプション(自動)の設定

広告表示オプション(自動)の設定

そして「このアカウントの特定の広告表示オプション(自動)を表示しない」を選択し、保存すれば無効になります。

広告表示オプション(自動)の無効

広告表示オプション(自動)の無効

自動でサイトリンクを生成してくれたり、通常のサイトリンクよりも長いサイトリンクが表示出来たり(それでも一つだけですが)、クリック料金がかからなかったりと、考え方次第では良い機能な気もしますが、コントロール出来ないというのはデメリットの一つになると思いますので、もし気になる方は無効にしておいたほうが良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アカウントの設定, 広告表示オプション   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。