リスティング広告:コラム

検索クエリレポートを活用した改善例

リスティング広告のアカウントでは様々なデータを確認する事が出来ます。

それぞれのキーワードの広告表示回数やクリック数、コンバージョン数などの成果の部分はもちろん、時間やデバイス、地域なども確認する事が出来、それはアカウントの改善に限らず他にもマーケティングのデータとして活用する事が出来ますよね。

リスティング広告ではこのようにデータを蓄積し、そのデータを活用する事で、よりパフォーマンスの高い広告運用が出来るようになります。

リスティング広告のアカウントで取得出来るデータの一つに「検索クエリ」というものがあります。

この検索クエリは、ユーザーが実際に検索をしたキーワードの事で、キーワードのマッチタイプを完全一致で入札していない場合には、その様々なユーザーが実際におこなった検索クエリを確認する事が出来ます。

この検索クエリレポートはリスティング広告を改善していく上で、いろいろと役立てていく事が出来ます。

例えば、除外キーワードの設定。

キーワードを部分一致で入札している場合、少なからず「あまり関係のなさそうなユーザーからのクリック」というものが発生します。

無料のサービスなんて販売していないのに「○○ 無料」というキーワードだったり、現在求人は出していないのに「△△ 求人」とかだったり。

このように明らかにターゲットユーザーからのクリックではない場合には、広告費がその分無駄になってしまいますので、除外キーワードとして設定していくと共に、部分一致で入札していて、あまりにも関係の無い検索クエリが多い場合には、マッチタイプを絞り込み部分一致やフレーズ一致に変えていくなど検討する事も出来ます。

また、逆に「今までは思い付かなかったが、ターゲットとなるキーワード」を見つけるのにも検索クエリレポートは有効です。

そういうキーワードを見つけた場合には、改めてキーワードとして入札し、専用の広告文を紐付けるなどしていくとより効果的ではないかと思います。

またさらに、「広告文と検索クエリとの関連性」も見ていく事が出来ます。

広告文を入れ替えたことで、特定の検索クエリからのクリック数が増えたというような事があれば、現在使っている広告文とその特定の検索クエリが合っているというように考えられますので、そういうものがあれば、さらに増やしていけるよう広告文のテストを実施していく事も出来ます。

検索クエリレポートを活用して無駄なクリックを減らしたり、きちんとターゲットユーザーに届いているのに確認することはアカウント改善の基本とも言えますので、いろいろと活用していきたいところですよね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。