リスティング広告:コラム

コンバージョンというハードルは広告主が思っている以上に高い

リスティング広告を運用する方は、コンバージョン数をより多くするために、日々改善されていると思います。

コンバージョン数はリスティング広告の成果を測る一つの指標となりますので、多く獲得出来ている状態ならば、リスティング広告がうまくいっている、その逆であれば、あまりうまくいっていないと判断することもできますよね。

このコンバージョン数というのは、おこなっているビジネスによっても変わりますし、同じビジネスであったとしても商圏やかけている広告費などでも大きく変わるので、一概に「何件取らなければいけない」という事はありませんが、出来る限り多く獲るに越したことはありません。

コンバージョン数を増やしていきたいと考えるとき、広告主の目線で「コンバージョン数が増えた/減った」などという前に考えておきたいことがあります。

それは「コンバージョンというアクションは思っている以上にハードルが高い」という事。

例えば、「無料会員登録」をコンバージョンとしているウェブサイトがあったとします。

広告主側からすると、「無料なんだから登録しておいて損はないだろう」なんて、簡単に考えてしまうかもしれませんが、実際にユーザーからすると、「このウェブサイト大丈夫だろうか?」、「メールアドレスとか個人情報がよそに流れないだろうか?」などと考えてしまうケースもあります。

広告主側では「そんなことあり得ない」なんて思っていても、それがユーザー側に伝わっていなければ、そう考えるユーザーが出てきてもおかしくありませんし、「タダより高い物はない」なんて言葉もあるくらいですからね、「無料登録なんて裏があるに決まっている」と考えるほうが普通なのだと思います。

このように、ウェブサイトで何かしらのアクションを起こすというのは、広告主が思ている以上に、ユーザーにとってはハードルが高い行動です。

上記の例のように「無料」に関して、変にうたがって自らハードルを高くしているケースもあれば、メールフォームでの必須項目が多くて「記入がめんどくさい」なんて理由でコンバージョンに至らないというケースもあります。

離脱してしまったユーザーのことを考えるのは、取れるデータが限られるため、非常に大変なことですが、仮説を立てて検証するという、それこそトライ&エラーを繰り返すことで改善していくしか方法はないのかもしれません。

コンバージョンに至る過程の中で「ユーザーにとって何がハードルになっているのか?」という点を、もう一度考えて、その部分をつぶしていく、それを繰り返すことで、ユーザーのコンバージョンに対するハードルは確実に下げていく事が出来ますので、コンバージョン数を増やしていくために、今一度考えていく事が必要ではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。