リスティング広告:コラム

「あまり細かいことは気にしない」という気持ちも大事

リスティング広告導入し広告配信をし始めると、色々なデータを確認する事が出来るようになります。

どのキーワードがよく検索されているのか、どこに訴求ポイントを置いた広告文が反応がいいのか、どの掲載順位がコンバージョン率が高くなるのか、など、いろいろと数値を見ていくことが出来るようになりますし、それがリスティング広告の特長の一つでもありますよね。

このようにして出てきた数値を確認しながら、より効果の高い運用にしようと効果の改善をしていく事ができるのがリスティング広告の醍醐味でもあります。

自分がおこなった施策が、きちんと機能しているのかどうかと、施策後に数値をこまめに確認する方もいらっしゃいますが、あまり数値にばかり気を取られてしまうのも注意が必要です。

確かにリスティング広告では細かな数値を確認していく事が出来ます。

その数値に合わせて改善をしていくため、数値を気にする事は悪い事だとは思いませんが、リスティング広告の本来の目的は”数値を改善する事”ではありませんよね。

たまに、「このキーワードの掲載順位をもっと上げられないのか?」などと、掲載順位ばかり気にする方などもいらっしゃいますが、掲載順位が上位だからとって、必ずしもコンバージョン数が増えたり1件あたりの獲得コストが下がるとは限りません。

限られた予算内で幅広くコンバージョンを獲得していくためには、上位に表示させないほうが良い場合もありますし、逆に効果が下がってしまう事もありえます。

同じように、広告の表示回数だったら、数がどんなに多くてもそれがきちんとターゲットユーザーの元に届いているのかわかりませんし、クリック数も多いからといってターゲットユーザーがクリックしていなければ意味がありません。

クリック率も同様にターゲットユーザーがクリックしないと意味がありませんので、低いほうが効果的だった、という事もよくあることです。

「そういった広告配信の部分は気にしないけれども、コンバージョンに関する数値は別だ」と考える方もいらっしゃると思います。

確かにコンバージョンに関する数値であれば、それはすなわちリスティング広告の成果にも直結しますので、その部分はシビアに・・・という方も多いと思いますが、コンバージョンにしても、お問い合わせ(コンバージョン)ばかり増えていても成約に結びついていないというのでは、これも意味が変わってきますよね。

数値を気にして、数値の改善をしていく事はリスティング広告を運用するためには非常に大切な事なのですが、その数値ばかり見ていくことで、リスティング広告を使う本来の目的を忘れてしまっては、本当に意味がありませんので、きちんと「リスティング広告を導入したときの目的、使う目的」から数値を見ていき、改善をしていく事が大切だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方, 指標の改善   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。