リスティング広告:コラム

Googleアドワーズ ラベル機能を使ってデータ分析をする

リスティング広告では主に、Yahoo!プロモーション広告とGoogleアドワーズがあり、基本的な機能の部分は同じですが、細かなところだと違いがありますよね。

その一つに、Yahoo!プロモーション広告にはなく、Googleアドワーズだけにある「ラベル機能」というものがあります。

これはGoogleアドワーズの管理画面で、キーワードや広告文などに、任意の「ラベル」を付けることで、そのラベルごとに効果や数値の比較や管理をする事が出来るもので、使い方や活用法を知るととても便利な機能の一つです。

例えば広告文のA/Bテストをする場合、1つの広告グループに”価格を訴求した広告文”と、”機能を訴求した広告文”を1つずつ作成したとします。

1つの広告グループ内でだけ、広告文のA/Bテストをおこなうのであれば、ラベル機能を使わなくても、その数値を広告文ごとで比較をすればいいだけなのですが、複数の広告グループやキャンペーンを跨って、それぞれに”価格を訴求した広告文”と、”機能を訴求した広告文”を設定した場合、アカウント全体でどちらの広告文が効果的であったのか検証するとなると、ちょっと骨の折れる作業になりますよね。

そのようなときに、Googleアドワーズでは「ラベル機能」を設定しておくと、一瞬で”価格を訴求した広告文”と、”機能を訴求した広告文”のどちらが効果的だったのか確認する事が出来ます。

例として管理画面内で、”価格を訴求した広告文”には「広告文01」、”機能を訴求した広告文”には「広告文02」とラベルを作成し、それぞれの広告文にラベルを追加していきます。

あとは、管理画面内左のメニューにある[ラベル]をクリックし、レポートを選択するだけで、ラベルごとの数値を確認する事が出来ます。

ラベルレポート

ラベルレポート

また、そのままレポートをエクスポートする事もできるので非常に便利ですよね。

このラベル機能は広告文だけではなく、キーワードごとなどでも付ける事ができますので、”広告グループやキャンペーンを横断したグループ”であったり、”その広告グループ内での更なるグループ分け”などにも活用する事ができます。

最初にラベルを設定しなければいけないので、その点少しだけ手間がかかりますが、目的を持った効果測定をする際には非常に便利な機能ですので、是非活用してみてください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 指標の改善   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。