リスティング広告:コラム

成果に関わる数字以外にも着目する

リスティング広告では、様々な数値を計測していく事が出来る広告で、広告の表示回数やクリック数など広告そのものに関する数字から、コンバージョン数など広告の成果に関わる数字まで確認していく事が出来ます。

もちろん、広告費というお金をかけて広告を出稿しているわけですから、広告の成果は非常に重要なのですが、細かく成果を確認する事が出来るため、コンバージョン数やコンバージョン率、1件あたりの獲得コストなど、成果の部分ばかり意識してしまい、他の数字が疎かになってしまう事も多々あります。

ですが、コンバージョン数、コンバージョン率、1件あたりの獲得コストなど成果の部分の数字以外でも大切な数字があり、その数字がひいては費用対効果に大きく関わってくる、なんてものもたくさんあります。

例えば、「クリック数」など、本来、クリックされなければ成果にも繋がらない(繋がりにくい)部分ですが、数字を確認するだけで、そのクリック数自体に手を入れようと考える方があまり多くないような気がします。

そもそも、きちんとターゲットに届くよう設定された「クリック」というのは、お問い合わせやお申し込み、商品購入などのコンバージョンに繋がった/繋がらなかった、という成果に関わらず、価値のあるものだと思います。

“ターゲットユーザーに広告が届く→クリックされる→商品購入完了”、という流れにきちんとなっているのであれば、もちろん良いことなのですが、仮に、”ターゲットユーザーに広告が届く→クリックされる→ウェブサイトから離脱”という流れになってしまっているのであれば、ウェブサイト内で何かしらの問題があるという事も考えられますので、改善点がかなり絞られてきますよね。

もちろんこれは、あくまでもきちんと「ターゲットユーザーに広告を届けている」ということが前提となるわけですが、この状態に持っていくまでに、リスティング広告のアカウント内でやるべきことはたくさんありますよね。

「クリック数」という数字だけではなく、その「クリック数の中身」を検証し、改善していく事が必要になってきます。

コンバージョンが発生しないキーワードについては一時停止や削除をしたり、そのキーワードの検索クエリを確認し、扱っている商品やサービスとあまり関係のなさそうなキーワードでクリックされているのであれば、そのキーワードを除外キーワードとして設定するなどで費用対効果が改善を見込むことが出来ます。

また逆に、コンバージョンを多く獲得出来ているキーワードについては掲載順位を見直したり、インプレッションの損失を無くす事で、さらにコンバージョン数を増やしていく事も出来ますよね。

さらに、クリック単価を見直して費用対効果の改善をしていく事も出来ます。

今回はクリック数の事について書きましたが、クリック数以外にも成果に関わる部分の数字以外で様々な数字があり、どれも非常に重要な数字です。

リスティング広告を運用していると、「目標を達成出来ない」、「想定よりも下回っている」など様々な問題点に直面する事がありますが、コンバージョンに関わる部分以外の数字に着目すると改善点が見えてくることもありますので、広い視野でアカウントを眺めてみる事も必要だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン, 指標の改善   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。