リスティング広告:コラム

広告費を変えずにコンバージョン数を上げる

今日は「広告費を変えずにコンバージョン数を上げる」という事について書きたいと思います。
費用対効果を高めたり、獲得コストを下げたりというのも大事ですが、やはりコンバージョン数は上げていくという事が一番大切なんじゃないかな、と思います。

現在広告費を予算どおり消化しているという場合、
広告費はそのままでコンバージョン数を上げるためにはまずコンバージョン数、そして現在のコンバージョン1件あたりの獲得コスト(CPA)を確認します。

その後、現在のコンバージョン数から目標とするコンバージョン数に到達するには1件あたりの獲得コストをいくらに設定すれば良いか、すぐ計算で出てきますよね。
その目標とする1件あたりの獲得コストを基準とし、リスティング広告のアカウントを見ていきます。

アカウント内には複数の広告グループが設定されていると思いますが
それぞれの広告グループの1件あたりの獲得コストを見ていくと、もうすでに目標の獲得コストに到達している広告グループが見つかる場合があります。
これが複数見つかった場合、まずはその広告グループのみで広告運用をしてみましょう。
今まで予算の関係で広告の表示回数など制限をされていたというのであれば、まず広告の表示回数が増えます。
広告の表示回数が増えれば、クリック率、コンバージョン率が同じであればクリック数、コンバージョン数も比例して伸びるというわけです。

理論上は以上のことで、当初の目的だった「広告費を変えずにコンバージョン数を上げる」は達成されます。

ただ、全体のキーワード数を絞り込むためクリック数が届かない(予算の未消化)が発生することも考えておかなければいけません。
そうなってしまったら「コンバージョン数を上げる」という部分が達成されなくなってしまうので、そのときはもう1歩改善を前進させるべく以下の改善施策を考えます。
・パフォーマンスの良かった広告グループのクリック数を伸ばす
・パフォーマンスのあまり良くなかった広告グループのコンバージョン率を上げる

クリック数を伸ばすのであれば以下のような方法です。
・表示回数を上げる
・広告のクリック率を上げる

コンバージョン率を上げるのであれば以下のような方法があります。
・キーワードを絞る、または分けてみる
・ランディングページを変える
・広告文を変えてみる
・掲載順位を見直す
などです。

これらを組み合わせることで、目標のコンバージョン数を獲得し効率よく改善できると思います。
1つの目標や目的に対してリスティング広告の改善施策は様々です。数値の意味とそれぞれの改善方法を理解した上で施策を組み合わせて効果を上げていくのが良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン, 指標の改善 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。