リスティング広告:コラム

Googleアドワーズ レポートに3つの新機能が導入

先日、Googleアドワーズから管理画面内のレポート機能について、新しい機能が3つ追加されるとアナウンスがありましたね。

その3つとは以下の通りです。

・キャンペーンタイプ選択ツール
・キャンペーンタイプごとに表示項目を保存
・目標に応じた規定の表示項目

1つ目の「キャンペーンタイプ選択ツール」とは、検索キャンペーンやディスプレイキャンペーン、ショッピングキャンペーンなど複数運用していた場合、”キャンペーンタイプを絞り込み、そのキャンペーンタイプの数値のみ確認出来る”機能です。

例えば、現在、3つの検索キャンペーンと、3つのディスプレイキャンペーン、計6つのキャンペーンを作り、広告を出していたとします。

その時、「検索キャンペーンだけの効果を表示させたい」と思ったとき、あらかじめキャンペーン名を検索とディスプレイネットワーク用に分けて設定し、検索窓から絞り込む・・・など、少し面倒でしたが、今後は簡単にキャンペーンタイプの同じキャンペーンを抽出できるようになるようです。

また、広告グループについても、キャンペーンタイプごとに数値が簡単に見ることが出来るみたいですね。

2つ目の「キャンペーンタイプごとに表示項目を保存」というのは、今までは、「キャンペーン」、「広告グループ」、「設定」など、”タブ”ごとに表示される数値の項目が保存されていましたが、今後はキャンペーンタイプごとでも表示される項目が保存されるという事です。

検索キャンペーンとディスプレイキャンペーン、例えば広告グループタブ内でも確認したい項目が違いますよね。

今までは検索キャンペーンからディスプレイキャンペーンへ切り替えたときに、この表示項目も変更する必要がありました。

もちろん表示項目は保存する事が出来るので、保存してある表示項目に変更すればいいだけの話ですが、やはり毎日使っているとかなり面倒に感じますよね。

今後はそういったことがなく、検索キャンペーンで設定したものはディスプレイキャンペーンから切り替えたときには検索キャンペーン用の表示項目になっている、という事のようです。

3つ目の「目標に応じた規定の表示項目」とは、ブランディングやコンバージョンなどキャンペーンによって目標が事なる場合があると思いますが、表示項目内に、あらかじめ”その目標に応じた表示項目が用意され”ており、すぐにその目標に応じた表示項目に変更が出来る、というもののようです。

今までも、表示項目は保存する事が出来ましたので、目標に応じて、その保存した表示項目を呼び出している人も多いと思いますが、最初からGoogleアドワーズのほうで、目標に応じた表示項目のテンプレートみたいなものが用意されるみたいです。

以上です。

レポートの作り方や表示項目の設定は人それぞれだと思いますので、今までのやり方に慣れてしまっている方は最初、とっつきづらく感じるかもしれませんね。

今回の変更は何かが劇的に変わるわけではありませんでしたが、作業としてはかなり楽になる人もいらっしゃると思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ECサイト向け, 指標の改善   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。