リスティング広告:コラム

Google Partners 資格認定試験が変更になりました

リスティング広告を運用する人向けにYahoo!プロモーション広告、Googleアドワーズではそれぞれ資格認定試験がありますが、この度、Googleアドワーズの資格認定試験が変更になったとの事です。

今までは、初心者向け認定試験+検索広告認定試験、もしくはディスプレイ広告認定試験のどちらか合格していれば、資格者として認定されていましたが、今後は、「動画広告認定試験」、「ショッピング広告認定試験」も、初心者向け認定試験と合わせて合格していれば、資格者として認定されるようです。

Googleアドワーズの資格認定試験の種類は以下のとおりです。

・AdWords 基礎認定資格試験
出題範囲には、オンライン広告掲載や AdWordsの利点をはじめ、キャンペーンの管理や最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と中級レベルの知識が試されます。

・検索広告認定資格試験
出題範囲には、検索キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、高度な知識が試されます。

・ディスプレイ広告認定資格試験
出題範囲には、ディスプレイ キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、高度な知識が試されます。

・動画広告認定資格試験
出題範囲には、YouTubeやウェブに配信する動画広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。

・ショッピング広告認定資格試験
出題範囲には、Merchant Centerアカウントと商品データフィードの作成、ショッピングキャンペーンの作成と管理などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。

尚、今まで合格ラインは受ける試験によって、それぞれ設定されていましたが今後は全て正解率80%以上が合格ラインになるとの事で、万が一、試験に合格できなかった場合には7日後から再受験が可能という事です。

また資格の有効期限も、今までは初心者向けの試験の有効期限が2年間だったものが今後は1年間に短縮されるみたいですね。

リスティング広告の運用は、知識だけ知っていれば良いというわけではないので、この認定資格を持っていれば良いかと言ったら、その限りではありませんが、”ある程度の知識は持ち合わせている”という判断の基準にはなるのかな?と思います。

またリスティング広告業界で働く方々からすると、転職する際には、資格を持っているのと持っていないのでは違うと思いますので、そういった意味で資格を取得しておくのは良いかもしれませんね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 掲載ガイドライン   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。