リスティング広告:コラム

業種の経験より数値改善の経験

よくリスティング広告の運用の外注をご検討されている方から
「今までうちと同じ業種のリスティング広告をやったことがあるか」と聞かれる事があります。
「あります」と答えるとホッとしたような表情でそのときはうまくいったのか、どんな感じだったのか聞かれ、
「ありません」と答えると少々難しそうな顔をなさる方もいらっしゃいます。

確かに発注する側としてはその業界で経験があるというのは、心強いかもしれません。
広告を出している他社やどんなキーワードがどれくらいのクリック単価なのかをザックリと把握しているため、
やりやすいといえばやりやすいかもしれませんね。

ですが以前も同じ業種のリスティング広告を運用し、それが良い結果だったからといって、
今回も最初から成功するという理由にはならないと思います。

同じ業界であったとしても競合他社と狙ってる客層やサービスの商圏、
またはお客様の側からすると月間の広告予算だったり、1件あたりの目標獲得コストの設定額などによって
リスティング広告の戦術はかなり変わってきます。

するとキーワード選び方や入札方法、マッチタイプなどなど・・・、全てにおいて変わってきますよね。

全く同じ広告予算で、全く同じメーカーの同じ商品をネットショップで売っているという場合もあるかもしれませんが
価格が違ったり、保証期間が違ったり保証内容が違ったり納期の早さが違ったりと、
どこかしら違うところがあると思います。
そういう場合は、広告文での訴求するポイントが変わってきます。

そもそもですよ?まったく同じ業種であったとしてもウェブサイトやランディングページまで同じなんて事は100%あり得ません。
そのウェブサイトやランディングページにとって、どのようなキーワード群が相性が良いかなんて
それこそやってみなければわからないのです。

だから業種別の経験も大事だと思いますが、リスティング広告のシステムを熟知し、数値の意味と数値改善のロジックを理解しているなどの、
リスティング広告の数値改善の実務経験があるほうが効果を上げられると思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

フォーム離脱を改善してリスティング広告のCVRアップ!対話チャット型メールフォームHospii

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ECサイト向け, リスティング広告運用の考え方   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。