リスティング広告:コラム

広告文に対する意識

リスティング広告は検索するキーワードに合わせて、広告が表示される仕組みになっています。

広告を出したいキーワードや、ユーザーに見せたい広告文は自由に決める事が出来るので、

リスティング広告を運用されている方から色々と話を聞くと、広告文に力を入れている方とそうでない方がいらっしゃいますよね。

「広告文はこんなんでいいんですよ」という方もいれば、「毎回、広告文を考えるのにとても苦労しています」という方もいらっしゃいます。

広告文に力をいれていない方からすると、「クリック率は変わるかもしれないけど、広告文を変えるだけではコンバージョン率とか変わらないでしょ」という言い分みたいなのですが、これは完全に間違いだと思います。

広告文を変えるという事は、今までクリックしなかったユーザーがクリックするようになるという、「流れを変える」事だとも言えるので、仮に流れを変えることで、購買意欲の高いユーザー層を引き寄せる事が出来るのであれば、コンバージョン率だって大きく変わるはずです。

さらに、仮にコンバージョン率が変わらなかったとしても、クリック率が変わるのであれば、その分多くのコンバージョンを獲得出来る訳ですから、そこに力を入れない理由はありませんよね。

なので、「広告文なんて」と思わずに、他の改善にも力を入れているのであれば、広告文にも力を入れていったほうが良いと思います。

広告文を改善していく際に、「クリックしてもらうための広告文を作る」ことが大切だと言えば大切ですが、「コンバージョンをするユーザーにクリックしてもらうための広告文を作る」というように、さらに一歩踏み込んだ考え方で作っていくと尚良いかもしれませんね。

もちろん、先程も書きましたが、コンバージョン率は上がる事もあれば下がる事もあります。

広告文を変えた時に、「クリック率は改善されたけど、コンバージョン率が下がって費用対効果が悪くなった」という状態に陥ってしまう方もいらっしゃいますが、それはもしかしたらクリック率を上げるためだけの改善をしてしまったからなのかもしれません。

クリック率はあくまでも指標の一つで、クリック率が低くても、コンバージョンを獲得出来るのであれば特に問題はありませんのであまり気にしない方がいいかもしれませんね。

広告文も「クリック率を上げよう」という改善ではなく、「コンバージョン率を上げよう」、「コンバージョン数を増やそう」という所から考えていくと、より成功に近づくのではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ECサイト向け, 広告文、クリエイティブ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。