リスティング広告:コラム

Google 検索結果でプライベート検索結果を有効/無効が選べるように

最近、Googleアカウントにログインしている状態で検索をすると、検索結果画面の歯車アイコンの横に、人のアイコンと地球のアイコンが表示されるようになりましたね。

プライベート検索結果の有効/無効

プライベート検索結果の有効/無効

いまはまだテスト期間なのか、Googleアカウントにログインしていても出たり出なかったりですが・・・。

今までGoogleでは、Googleアカウントにログインして検索をすると、今までの検索履歴や閲覧履歴から、それぞれのユーザーに合わせた検索結果が表示されていましたが(プライベート検索結果)、それを有効にするか無効にするか選んで切り替える事が出来るようになったみたいですね。

今までの検索結果はGoogleアカウントにログインしているとプライベート検索結果が有効になっていたために、SEO対策をしても自社のサイトは結局、検索結果の何番目に表示されているのか?という方もいらっしゃったと思いますが、プライベート検索結果を無効にすることで一般公開されているウェブからの検索結果を確認する事が出来ますので、正確(?)な順位を見る事が出来ます。

ただ少し気になったのがリスティング広告の部分。

プライベート検索結果が有効の時と無効の時とでは表示される広告や順位が変わっています。

例えば「沖縄ツアー」で検索した場合、プライベート検索結果を有効にした時にはこちら。

プライベート検索結果 有効

プライベート検索結果 有効

プライベート検索結果を無効にした時の検索結果はこちら。

プライベート検索結果 無効

プライベート検索結果 無効

この他にも様々なキーワードで検索をしてみると、無効にしているとプレミアムポジションに広告が出てくるのに、有効にしていると出てこなかったりとプライベート検索結果の有効/無効でリスティング広告の部分にも若干変化が見られます。

はっきりと原因はわかりませんが、今までも部分一致の拡張というところでパーソナライズド検索はリスティング広告に影響を及ぼしていることがありましたので、そういった事からプライベート検索結果の有効/無効を切りかえることで、同じキーワードで検索をおこなっても、リスティング広告の掲載結果に違いが出てしまうのではないかと思います。

このプライベート検索結果の有効/無効を選べるようになった事でGoogleアドワーズのパフォーマンスの変化があるのかどうかは、今後一応気にしておいた方が良いかもしれませんね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 指標の改善   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。