リスティング広告:コラム

広告表示オプションは使えば良いという訳ではない

リスティング広告のターゲティング機能や広告の配信機能など、新しい機能が昨年から立てつづけに出てきましたよね。

その中の一つとして「広告表示オプション」の強化も行われました。

広告表示オプションとは、通常のタイトル(15文字)+本文(19×2)の広告文と合わせて、電話番号を表示させる「電話番号オプション」とか、住所を表示させる「住所指定オプション」とか、ウェブサイト内の別のページへのリンクも表示させる「サイトリンク」などがあります。

電話番号オプションは飲食店の予約用などにも使う事が出来ますし、サイトリンクは検索するユーザーを、より求めているページへ素早く誘導する事が出来るので有効ですよね。

住所表示オプションも実店舗を運営している方にとっては、かなり有効に使えるのではないかと思います。

サイトリンクの場合は検索結果画面の上部に広告が掲載されないと表示されませんが、電話番号オプションや住所指定オプションは、掲載結果の横でも表示させる事が出来ます。

さらに、広告表示オプションを使う事は広告ランクの評価の一つになっていますし、GoogleアドワーズもYahoo!プロモーション広告もやたらと利用する事を勧めてくるので、設定している方も数多くいらっしゃると思います。

リスティング広告では決まった文字数でしか広告文を作ることが出来ませんので、こういった広告表示オプションを使用する事で、自社の広告掲載面(枠?)が大きく出来、結果としてクリックされやすいのではないか、という事も考えられますよね。

こういった様々なメリットがある広告表示オプションですが、それぞれのオプションについて、「無理にでも使ってやろう!」という方もいらっしゃいます。

もちろんメリットとその特長を十分に理解し、「これならウチのビジネスにも活用できるな」と感じているならば良いと思いますが、そうでないならば無理に使う必要はないんじゃないかと思います。

例えばサイトリンクにしても、同じ商品やサービスを売っている場合でも、キーワードによってサイトリンクを表示させた方が良い場合もあれば、そうでない場合もあります。

これもケースバイケースですが、ピンポイントで商品やサービスを探しに来たユーザーに対しては、他の選択肢を与えない方が良い場合があるからです。

他に、リンクさせるページもないのに無理やりサイトリンクを使おうとする方もごく稀にいらっしゃいます。

見せるページが無いからなのか、サイトリンクのリンク先が通常の広告文のリンク先とほぼ一緒というものも見受けられますが、ユーザーの視点に立った場合、その広告文のリンク先とサイトリンクの文章とリンク先を見比べてどう思うのかと考えたら、その様な方法はやらないほうが良いと思いますよね。

また電話番号オプションなんかでも、普段あまり電話対応をしていなかった店舗やあまり電話対応に時間を取られたくないと思っている会社など、電話がかかってくる事により不利益が生じてしまうのであれば設定する必要もありませんよね。

もちろん、検索するユーザーからしてみたらお問い合わせ方法が複数あったほうが良い場合もありますし、「電話対応が面倒だから」というのは、職務怠慢だと言われてしまえばそれまでなのかもしれませんが、実際、電話対応をするためには人が必要であり、その人に対しても人件費というコストがかかることも事実です。

そういったデメリットがあるにもかかわらず、「広告ランクが良くなるから」とか「掲載面積が大きくなるから」とか「クリック率が良くなるから」などという理由で広告表示オプションを使っているなら、メリットとデメリットを天秤にかけ、改めて考え直した方が良いのだと思います。

確かにサイトリンクなど、こういった広告表示オプションを使う事でクリック率は上がるかもしれませんが、何度も言うようにクリック率がどんなに高くても収益が上がるわけではありません。

クリック率を上げるためにリスティング広告を運用しているわけではありませんし、それは広告表示オプションも同じです。

いかにコンバージョン数を増やすのか、いかに効率良くコンバージョンを獲得していくのか、いかに売上を伸ばしていくのか、という所から、広告表示オプションを使用する/しないを考えていかなくてはいけません。

このような事を書いていますが、私自身、他の人と比べた事が無いので正確ではないかもしれませんが、広告表示オプションは活用しているほうだと思います。

ただ、なんでもかんでも使っているのではなく、先程も書いたようにキーワードによって設定していないものもあったり、ビジネスに合わせて広告表示オプションを全く使っていないアカウントもあります。

きちんとした設定をすれば、より効果的なリスティング広告の運用が出来る広告表示オプションですので、目標に合わせて適宜設定をしていく事が大切だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アカウントの設定, 指標の改善   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。