リスティング広告:コラム

Yahoo!プロモーション広告 消費税法改正に伴う広告費の消費税変更について

2014年4月1日より、消費税が現在の5%から8%に変更されますね。

ECサイトに限らず、商品やサービスの料金をウェブサイト上に掲載している方々は4月1日に向けて表記の変更をしていかなくてはいけませんので、大変と言えば大変ですよね。

この度、Yahoo!プロモーション広告のほうからも4月1日の消費税改正に伴う、広告費に発生する消費税についての発表がありました。

その内容とは以下の通りです。

■適用される消費税率について:
消費税率変更前(2014年3月31日までの掲載分):消費税5%にて請求
消費税率変更後(2014年4月1日以降の掲載分):消費税8%にて請求

銀行振り込みなどで事前に広告費を入金している方は入金のタイミングがいつかということに左右されず、3月中にクリックされる広告費については、消費税率5%で4月1日以降については消費税率8%になるという事。

まぁ、あたり前と言えばあたり前ですよね。

Yahoo!プロモーション広告では管理画面内に、見込み消費税を差し引いた広告費の残高が表示されていますが、その残高表示は以下のように変わるとの事です。

■広告管理ツールのアカウント残高の表示(前払いの場合のみ):
消費税率変更前(2014年3月31日まで):見込み消費税5%を差し引いた額
消費税率変更後(2014年4月1日以降※):見込み消費税8%を差し引いた額
※2014年3月からの繰越残高につきましては、3月の「月次ご利用明細」が確認できるようになるタイミングで表示を変更します。

3月から繰り越した広告費の残高については、3月の月次ご利用明細が確認出来るようになった段階で、その時点での消費税を含む残高から新しい消費税8%を引いた金額が表示されるとの事。

ちなみに、Yahoo!プロモーション広告の消費税が変わるのであればGoogleアドワーズは?と思った方もいるかもしれませんが、Googleアドワーズは国外を拠点としているため、日本の消費税の対象ではありません。

なので今までも、消費税が8%になる2014年4月1日以降も、日本に拠点を移すとかしない限り広告費に対して消費税はかかりません。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 掲載ガイドライン   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。