リスティング広告:コラム

キーワードの幅を広げてコンバージョン数をさらに増やす

リスティング広告は広告を出したいキーワードを出稿する側で決める事が出来ます。

ユーザーは検索するキーワードを自分で打ち込むため、ニーズが顕在化したユーザーへ訴求する事が出来る広告だという事も言えると思います。

「○○という商品が欲しい」とか「○○に旅行に行きたい」という明確な購買意欲を持ったユーザーに対して、的確に広告を表示していく事は非常に重要で、その部分は購入や成約に結び付きやすいため取りこぼしたくないところですが、もう少しコンバージョンの幅を広げていきたい、もうちょっと違ったジャンルのお客様を増やしていきたいと考えたなら、このキーワードの選定をもう少し工夫する必要があります。

例えば「大掃除」というキーワードに対して、ブランド品等の買い取りの広告を表示させたりだとか、「引っ越し」というキーワードに対して、挨拶用の手土産の広告を表示させたりというように、ユーザーはその商品やサービスそのものに興味はなかった事でも、キーワードの選び方次第で、使い方を提案してあげるような広告を出す事も出来、コンバージョンの幅を広げるキーワードとなり得ますよね。

ただしユーザーが直球で探しているものではない場合、広告文やランディングページにも工夫が必要になりますので注意が必要です。

「なぜこのキーワードでこの広告を出しているのか」という事を広告文で伝えていかなければ、「なんでこんなのが出ているんだ?」とそっぽを向かれてしまう可能性もありますので、広告文に限らずランディングページにも、きちんとキーワードとの関連性を持たせなければいけません。

その関連性を持たせた中で、ユーザーにたしいて必要性を感じさせることでコンバージョンに繋がるキッカケになるかもしれませんね。

このキーワードの幅を広げていくためには、とにかくキーワードの数を出していき、使えるものなのかどうか選別していかなくてはいけませんが、キーワードを出す時にはやはり検索するユーザーは誰なのか、「お客様になる人は誰なのか?」という事を考えなければ出てきません。

お客様が自社の商品を欲しいと思うシーンや、商品を使う時のシチュエーション、使った後に得られる効果、使った後の気持ちなどを想像する事で様々な角度からキーワードを出していく事が出来ます。

コンバージョン数をより多く伸ばす事はリスティング広告を運用するにあたってとても大切な事ですし、新たな顧客層を見つけることはリスティング広告のみならず、マーケティング活動をする上でも非常に重要です。

もちろん予算が無ければ新しいものへチャレンジしていく事は出来ませんが、1件あたりの獲得コストが目標に達しているのであれば、先行投資という意味で新しいターゲットへの広告配信をしてみるのも、今後の繋がる活動として良いことだと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ECサイト向け, キーワード   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。