リスティング広告:コラム

Googleアナリティクスのリアルタイムアクセス解析

今日はアクセス解析の話を書こうと思います。
リスティング広告を運用されている方々はGoogleのアクセス解析ツールである「Googleアナリティクス」を併用して成果を出している方も多いと思いますが、昨年から新バージョンも使えるようになり新しい機能が増えました。

その新しい機能の中で面白いと感じたのが「リアルタイムアクセス解析」です。
今までのGoogleアナリティクスでは出来なかった「今現在サイトを見ている人」の動きを解析できるものですが、リスティング広告の運用に使えないものか考えてみました。

※Googleアナリティクス リアルタイムアクセス解析画面

Googleアナリティクス リアルタイムアクセス解析

Googleアナリティクス リアルタイムアクセス解析

このGoogleアナリティクスのリアルタイムアクセス解析は
・今見ているページはどこか
・新規ユーザーかリピーターか
・サイトへの流入リンク先はどこか
・サイト流入キーワードはなにか
・どこから(場所)アクセスしているのか
などがわかります。

この画面をボーっと眺めているだけで、サイトへのアクセスがあったり閲覧者がページ遷移した時など瞬時に、その都度リアルタイムアクセス解析の画面も更新されていきます。

リスティング広告は結果という数値があって、その数値を基に原因を推測、仮説を立てて改善をしていくので、リアルタイムアクセス解析は必要ないような気がしますが、例えば「電話でのコンバージョンを計測する」ときに役立つかもしれません。

リスティング広告だけではありませんがサイトからのお問い合わせや予約、注文などを電話で受けた場合、専用のツールやその他方法がないわけではありませんがなかなか気軽に計測することは出来ません。

電話でのお問い合わせが入ったその時に、パソコンの前に座っていてアナリティクスのリアルタイムアクセス解析を確認できる環境があれば、現在見ているページや場所などから自然検索なのかリスティング広告からなのか、とか、その検索キーワードなどは確認できると思います。
もちろん普段からアクセス数がたくさんでリアルタイムアクセス解析でもそのお問い合わせした方を特定できないような状況であれば意味がないかもしれませんが・・・。

このリアルタイムアクセス解析、会員向けのメール配信などメールマーケティングのときにどの時間どのタイミングでメールを送ると効果的なのか、などメールを配信直後から見てみると面白いかもしれません。一度試してみてください。

またリアルタイムアクセス解析を使っての解析方法や改善策など色々と試してみようと思いますので、その時はまたこのコラムで書いていきたいと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アクセス解析   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。