リスティング広告:コラム

Googleアドワーズ キーワードツールで商標ワードを確認出来るようになりました

リスティング広告は広告を表示させたい検索キーワードや、検索結果画面に表示させる広告文を自由に設定することが出来ますが、なんでもかんでも出来るというわけではありません。

Yahoo!プロモーション広告、Googleアドワーズそれぞれ掲載ガイドラインがあり、そのガイドラインに沿ったものではないと広告を掲載する事が出来ませんが、その中に「登録商標」の問題があります。

ECサイトなどを運営している場合、商品によっては商標ワードを入札したり広告文として使用することがコンバージョンに直結する事がありますが、商標登録されているものに関しては一定の基準が定められていますし、商標の権利者はリスティング広告において、その権利を行使する事が出来ます。

これは必ずしも商標登録されているキーワードや広告文を権利者ではない広告主が、広告を出稿できないというものではなく、権利者が第三者の使用を制限したい場合は申告し、制限する事が出来るというものです。

なので今までは、商標の権利者ではない場合には、その商標ワードがリスティング広告で使用できるかどうかはわかりませんし、そもそもそのワードが商標登録されているのかどうかもわからないというケースもありました。

今回、Googleアドワーズのキーワードプランナーで、キーワードの候補が商標ワードかどうか、ひと目でわかるようになりました。

TMマーク

TMマーク

キーワードの横に「TM」がついているものが商標ワードという事のようです。

ただ特許庁のウェブサイト内にある特許電子図書館で商標登録されているキーワードを調べ、そのキーワードをキーワードプランナーで確認してみると、商標登録されているにも関わらず、TMマークがついていないものも多数ありました。

またTMマークがついているものであっても検索をすると多数のウェブサイトが広告に出てくるものもあるので、このキーワードプランナーでTMマークがついているキーワードというのはGoogleに対して商標の使用に関しての申し立てをしたものだけなのか、申し立てを受理され制限されているものだけなのかはわかりませんでした。(商標の使用を制限されている場合でも、正規の販売代理店などアカウントごとに使用できるケースがあるため)

もちろん商標登録されているキーワードであったとしてもリスティング広告で出稿する事がダメだという事はありませんが、このキーワードプランナーで「TM」マークが出てきた時は入札するキーワード、広告文には少し注意が必要です。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: その他   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。