リスティング広告:コラム

コンバージョン数を下げない改善を

今回は1件あたりの獲得コスト(CPA)を決める上での考え方について書こうと思います。皆さんこの数値に対しては、「とにかく抑えたい!CPA下げてくれ!」と思っているようです。

もちろん、広告費の費用対効果という点ではこの1件あたりの獲得コストは抑えるに越したことないと思いますが、この数値はあくまでも予算内でコンバージョン数(CV数)を最大化させるための指標の一つと捉えたほうが良いと思います。
「1件あたりの獲得コストが下がれば、同じ予算内でもコンバージョン数は増える」という基本的な認識がありますが、これは100%ではありません。
確かに「予算÷1件あたりの獲得コスト=コンバージョン数」となるため、1件あたりの獲得コストを下げる事が出来ればその分コンバージョン数は上がるという風に考えられますが、これは予算を消化したという前提での話です。

効果の高い広告グループへ絞り込みを行い、アカウント全体でのCPAを下げる事は成功したが、同時にコンバージョン数も下がってしまう。本末転倒ですよね。

具体的に予算が余っている状況で「効果の高い広告グループへの絞り込み」だけを行うとアカウント全体での指標の数値は以下のように変化します。

・表示回数(インプレッション)→下がる
・クリック数→下がる
・1件あたりの獲得コスト(CPA)→良くなる
・コンバージョン率→上がる
・コンバージョン数→変わらずか、下がる
・広告費→下がる

コンバージョン数を下げないためには、「絞り込み」という施策のほかに例えば「クリック率を上げる施策」だったり「表示回数を上げる施策」などを同時に検討しなければいけません。

リスティング広告は1つの施策が様々な指標の数値変化をもたらすので、アカウント全体をバランスよく見て改善を行っていかなければいけないと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。