リスティング広告:コラム

リスティング広告スタート時のCPC(クリック単価)設定法

よくお客様から「クリック単価の入札額はいくらに設定するのが適切でしょうか?」
というご質問をいただく事があります。

リスティング広告の運用を行っていると、そこまでクリック単価にはこだわらなく
なってきますが(もちろん最低限はこだわります)やはり広告主にとって一番
わかりやすい数値、あとリスティング広告はクリック課金型だ!という意識が
強いからなのか、皆さんクリック単価の入札金額に関してこだわっているみたい
です。

では本題ですが、リスティング広告の入札金額はどうやって決めているのか。

私の場合、「経験と勘でザックリ」決めます。

こう書くと「なんだかいい加減だな~」と感じる方もいらっしゃると思いますが
クリック単価は初期設定よりも日々の調整のほうが100倍大事だから、
「ザックリ」決めてしまいます。
キーワード見積もりツールなどである程度の予算感は把握しておき、あとは
「こんなもんかな?」という程度で開始してしまいます。

お客様のご希望のCPA(獲得コスト)とCVR(コンバージョン率)を元に算出する
という方法もありますが、あまり意識し過ぎると良くありません。
クリック単価は抑えるに越したことはないので、最初の段階で低めに設定する
場合もありますが、クリック単価の入札金額が低いとそもそも広告自体表示されず、
結果、クリックも全くされないという事にもなりかねません。

なので、最初は「ザックリ」決めて広告をスタート後にキーワード毎に全体の
CTR(クリック率)と掲載順位を確認しつつ手を加えていく、というやり方をしています。

特にリスティング広告をはじめて出稿する場合など、キーワード見積もりツールなどの
予測数値とかけ離れている場合があるので、広告をスタートしてから2週間~1ヶ月くらいは
こまめにチェックしおかないといけないです。

その後、安定してクリックされるようになったら、入札価格の変更は基本的に
ただ「クリック単価が高いから!」という理由でするのではなくCPA(獲得コスト)や
CVR(コンバージョン率)を改善したい場合など、二次的な数値として変更、改善を行って
いきます。

CPAはなんとなくクリック単価と関係があるのはわかるけど、CVRを上げるのに
クリック単価って関係あるの?と考える人もいると思いますが 、実はすごく関係が
あります。

その話はまた今度させていただきます。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。