リスティング広告:コラム

どこから改善したらいいかわからない!の対処法

リスティング広告を運用しはじめて、ある程度の期間様子を見て「そろそろ改善でも・・・」と思った時に、何から手を付けていったらよいのかわからないというご相談をいただく事があります。

リスティング広告は以前から何度も書いているように、改善していく事の出来る広告なのでパフォーマンスを高めていくためには色々と施策を繰り返していくことが必須ですよね。

結果が良いにしろ悪かったにしろ、数値として残るわけですからその数値を紐解いて適宜施策を繰り返していく事で、数値は改善されリスティング広告のパフォーマンスは改善されていきます。

リスティング広告を「数値を改善しパフォーマンスを上げていく事の出来る広告媒体だから」という事を理由の一つとして挙げて導入した方もいらっしるかもしれません。(いるかな?)

そして導入してみて「よし!じゃそろそろ改善だ!」と思い、リスティング広告のアカウントを眺めてみたけど、どこから手をつけたら良いのかわからない・・・、という風になってしまうらしいのですが、そういう気持ちはなんとなくわかる気がしますが。

そもそも改善するという事は「何かしら問題や不満」があって、その問題、不満を解決するための手段として改善があるんだと思います。

だから「改善をしよう!パフォーマンスを上げていこう!」と思った時には、今のビジネスについての現状を考えて、そこから今後どういう風にビジネスを伸ばしていきたいのか、改善していきたいのかを考えなくてはいけません。

リスティング広告を使ってビジネスを伸ばしていくために、リスティング広告から獲得しなければいけない客層はどういうところなのか、数はどれくらい必要か、広告予算いくら以内で何件以上獲得しなければいけないのか・・・。

そういうところから逆算して考えていくと改善しなくてはいけないポイントが明確になり、改善ポイント(数値、指標)がわかればその数字を改善するためにはこういう施策、ああいう施策もあるな、と考えて自然と改善作業に移れると思います。

今までリスティング広告なんかやった事もないから、リスティング広告を使ってビジネスを伸ばすと言われても、どれほどの効果があるかわからない状態で導入したから具体的な数値とかはあまり見当つかない」という方もいらっしゃいますが、リスティング広告を導入する前にはいくら広告費をかけて何件反響を獲得するくらいのザックリとした目標でも構いませんので立てておくと良いと思います。

もちろん、現在のビジネスの現状にもアカウントの数値にも何も問題がない、不満がないというのであれば改善する必要もないと思います。
そもそもそういう人は「広告をやろう!」という気持にもならないのかもしれませんが・・・。

「どこから手をつけたら良いかわからない」という所から始めるのではなく、現状はどうなっているのか、今後どのように伸ばしていきたいのかという所から考えていくとスムーズに改善作業が進むと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。