リスティング広告:コラム

「最上級の表現」広告の掲載について

リスティング広告の特徴の一つとして、広告文を自由に設定できるというものがあります。

ターゲットユーザーにいかにクリックしてもらえるかと、日々様々な広告文を作り、効果測定して改善を繰り返していく事が大切ですが、そのクリックされやすい広告文を作ろうとしたときに、つい作ってしまいがちな広告文として、「日本一」とか、「一番の」とか、「業界ナンバーワン!」みたいな言葉を入れたくなる時がありますよね。

ご存知だとは思いますが、Yahoo!リスティング、Googleアドワーズ共にこういった「最高」だったり「ナンバーワン」というような最上級の表現を広告文に含ませるのは基本的には審査でNGになります。

そもそも、なぜそういった表現がダメなのかというと、仮に最上級の表現がOKとなった場合、どこもかしこも「最高の○○」とか「業界ナンバーワン!」みたいに言い出したら「どうなの?」と検索するユーザーが混乱するからだと思いますが、Yahoo!リスティングとGoogleアドワーズとでは、微妙にこの「最上級の表現」のガイドラインに違いがあります。

Yahoo!リスティングの場合、検索連動型の広告(スポンサーサーチ)とインタレストマッチのテキスト広告は、上記のような最上級の表現は一切禁止となります。
バナー広告はOKのようですが、以下の条件を満たすもののみ掲載可能だそうです。

(1) クリエイティブ内に第三者によるデータ出典・調査機関名および調査年月が明記されていること。ALT テキストのみは認められません。
(2) 調査データが最新の1 年以内のデータであること

クリエイティブ内に第三者によるデータを明記しなければいけないというのは敷居が高い気がしますが、なんとなくイメージする事は出来ますね。
グラフなんかと一緒に「シェアナンバーワン!」みたいなコピーが書かれているバナーとか。
誰でも出来る事ではないと思いますが、これが使えるのであれば有効な手段になるかもしれませんね。

Googleアドワーズは検索連動型のテキスト広告でも広告文にする事が出来ますが、以下の条件を満たしていないといけません。

サードパーティによる客観的な根拠が広告で宣伝されているウェブサイトに提示されていない場合、「最高」、「ナンバーワン」、またはそれに類する誇張表現を含む広告テキストは許可されません。サードパーティによる客観的な根拠は、サイトと無関係の第三者または第三機関のものである必要があります。お客様の声はサードパーティによる客観的な根拠とは見なされません。

Googleアドワーズも同様に第三者による客観的な根拠がないと掲載出来ないようですが、この場合、広告文内でその根拠を明示しなくても、リンク先のページにその根拠となるデータを明示する事が出来れば掲載OKになるようです。

Yahoo!リスティング(バナー広告のみ)、Googleアドワーズ共に最上級の表現を使う場合はその根拠となる客観的なデータが必要という事なので、どちらにしても簡単に掲載できるものではありませんが、掲載できる条件が揃うのであればぜひ試してみたいものだと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。