リスティング広告:コラム
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント

SEO対策で狙ったキーワードが上位表示された時にリスティング広告は辞めるべきなのか

リスティング広告はアカウントの開設や広告費の入金、そして基本的なアカウントの設定をおこなえば、とりあえずすぐに広告を出す事が出来ますよね。

そういった”即効性”もリスティング広告の特長の一つとして挙げられています。

なので、公開したばかりのウェブサイトなどでは、「最初は自然検索の効果は期待できないからまずはリスティング広告で集客を・・・」という方も多いと思います。

その後、SEO対策の効果なのか、狙っていたキーワードで上位表示され始めたらリスティング広告を辞めてしまう、という方が中にはいらっしゃいますよね。

別に集客の方法というのはリスティング広告が全てではありませんし、辞めることについてどうこう言うつもりもありませんが、検索エンジンで、キーワードで集客をおこなっていたという場合、”自然検索で順位が上がったから”という理由だけでリスティング広告を辞めてしまうのはちょっともったいないなと感じます。

まず単純に自然検索で1位ととったからと言って、検索結果画面で一番上に表示されるとは限りませんよね。

リスティング広告を運用している方であればわかると思いますが、リスティング広告は検索結果の上部(プレミアムポジション)に広告が表示されれば、自然検索結果は下へと押し出されていきます。

色々なデータで、リスティング広告の一番上(プレミアムポジションの)よりも、自然検索の1位の部分のほうがクリック率が高いという事が言われています。

これはリスティング広告の部分を広告として認識している人が多いからだと思いますが、インターネットを使うユーザーの中には、リスティング広告の部分を「広告だ」と認識していないユーザーも多く存在するため、自然検索で1位になれば、それまでのユーザーも全てカバーできると訳ではありませんよね。

また、もしリスティング広告の部分を「広告だ」と認識しているユーザーであったとしても、自分が求めているものだと思えれば、広告だろうと広告でなかろうとクリックし、ウェブサイトへ訪問し、アクションを起こしていただけます。

リスティング広告は広告文を自由に変更したりする事が出来るので、そういった部分で自社の商品やサービスを購入してもらえそうなユーザーを引き付けるような広告文を作っていく事で、ユーザーを取り込むことが出来ます。

このほかには、Googleアカウントにログインしていた場合、Google検索ではパーソナライズドされた検索結果になってしまうため、自分のパソコンで見ている検索結果が、必ずしもターゲットユーザーのものと同じになるとは限りません。

「自分のパソコンは、それを踏まえたうえでSEO対策の順位もきちんと把握しているから大丈夫」なんて思っていても、他人の検索結果を見ることは不可能ですし、その検索結果をいじる事も不可能ですからね。

これについて、どれほど影響があるのかというのはわかりませんが、リスティング広告を辞めてしまうと、そういったユーザーへのアプローチが出来なくなってしまう事が懸念されます。

リスティング広告からの流入が減ってしまう(=なくなってしまう)と、その分、あたり前の話ですがアクセス数が減りますよね。

アクセス数が減れば、その分コンバージョンへと到達する数も減ることが予想されますので、お問い合わせ、成約、売り上げが減る可能性があります。

SEO対策の結果、上位表示されたのにもかかわらず売り上げ自体が減ってしまったというのであれば、何のためのSEO対策だったのかわからなくなってしまいますので、売り上げが減ってしまうような施策であったなら、それは辞めておくべきだと思います。

まぁでも、自然検索で上位に表示されているからリスティング広告を辞めるとか辞めないとか、そういう判断ではなく、費用対効果が合うのであれば続ければいいし、費用対効果が合わなければ辞めて、別の方法を考える、というように運用していく事が大切だと思います。

リスティング広告は”広告”なので、当然広告費がかかってきます。

自然検索で上位表示され、お問い合わせや成約、売り上げの目標を達成できているのであればリスティング広告を無理に続ける必要もないですし、自然検索で上位表示されているにも関わらず、目標を達成出来ていない、でもリスティング広告をやってしまうと費用対効果が合わないというような状態であれば、リスティング広告で費用対効果が合うように改善を繰り返しおこなっていくか、または他の方法を探していくという事も、していかなければいけません。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。