Webサイト分析

TOPページ > Webサイト分析

調査と分析 直帰回避・目標ページ到達

要約

Webサイト分析

Webサイトでの効果を高める為にアクセスを分析することやユーザビリティやアクセシビリティの調査を行う必要
がございます。
アクセス解析では直帰率や離脱ページの統計が図れるとともにページの改善点も同時に見えてきます。
改善ポイントを明確にし、Webサイトの本当の効果を高める役割として重要な内容となります。

内容

アクセス解析

アクセス解析を活用することで、潜在的なニーズや改善点を見つけることが可能になります。
解析は見る箇所が多いので、ただ眺めてしまっているだけの方もきっと多いのではないでしょうか?
当社アイエムシーでは、解析ポイントを丁寧に示しながら、過去分析を行い今後の予測を立ててWebサイトの効果
を高めてまいります。

直帰率・離脱率

Webサイトは比較をされるものなので、ネットユーザーに直帰されてしまうのは仕方の無いことでもあります。しかし、
直帰率が高すぎるのは問題です。
離脱率に関しても必ずサイトからの離脱はありますが、どこのページから離れていたったのかを把握しておく必要は
あるでしょう。それら直帰率・離脱率を見直し改善していくことでWebサイトの目的・目標達成に近づけてまいります。

ユーザビリティ・アクセシビリティ

Webサイトでは、インターフェース分析も重要な事柄となります。ユーザビリティ(使いやすさ)には問題がないか、
アクセシビリティ(互換性)に支障が出ていないかなどです。
使い勝手の悪さや見た目の意図としない表示は、せっかく見に来てくださったユーザーに帰ってくださいと言っている
ような事になりかねませんので、その点もしっかり調査・分析してまいります。

Webサイト分析の効果

1.潜在的なニーズの発見につながります。
2.ユーザーの動向を知ることができサイト滞在時間の延長やPVアップにつながります。
3.見た目の改善箇所に気づき訴求を高められます。
4.目的・目標ページまでの導線が予測しやすくなり(目標ページ)到達率を高められます。

お問い合わせ

■ Webサイト分析については、 お気軽にお問い合わせください。 ■

お問い合わせください。