ꥹƥ󥰹𡧥

ブログアーカイブ

広告がきちんとターゲットユーザーに届いているのかを確認する

まずはズバリそのものなキーワードで出稿してみたらいい

なぜよい結果になったのか?その意味を考える

型にはめて考えることはしない

その入札しているキーワードの性質に出来るだけ”早く気が付くこと”が大切

絞り込む前にやるべき施策、検討すべき施策

コンバージョンが取れてもいないのに絞っちゃダメ

強みを伝えるうえでの注意点

質の高いアクセスを集めることを意識する

仮説を立ててコンバージョン数を伸ばすための施策を

一人だけに振り向いてもらうという気持ちで

出てくるデータをどのように活用するか

機会損失を出さないような運用を心掛ける

コンテンツに意味を持たせるとアクセス解析がさらに進む

数字の意味を正しく理解すると具体的な改善ポイントがわかってくる

Yahoo!プロモーション広告 Twitter広告の新規アカウント作成が部分的に再開

データを正しく計測する事は手段であって目的ではない

Googleアドワーズ ビュースルーコンバージョンのデフォルトの計測期間が30日間から1日間に

お客様にとっての”良さ”

広告文のA/Bテストは同一の条件で

なぜYahoo!とGoogleで違う結果が出るのか?

Googleアナリティクスで”2ページ目”のURLが同じページになってしまう原因

敵のいない状況を作り出す

検索の”意図”を考察し無駄なクリックを排除する

勘違いしやすいキーワードの”完全一致”を正しく理解する

探しいているユーザーがいるのに広告が表示されないのはもったいない

ターゲットユーザーを見つめ直す

些細なことでコンバージョンが増えるきっかけとなる

ユーザーが勝手にお問い合わせの障壁を上げてしまったケース

まず”ターゲットユーザーの選択肢に入る”という考え方