ꥹƥ󥰹𡧥

ブログアーカイブ

その要因に対して仮説を立てる事

広告文はコンバージョンをさせるためのツールではない

コンバージョンユーザーではなく未来のお客様を狙う

適切なハードルでビジネスを円滑に

自分の知っている事が相手が知っているとは限らない

狙ったユーザーがきちんとウェブサイトを訪問している状態を作り出す

リスティング広告の基本中の基本を思い出し、改めてアカウントを見つめ直す

ゴールページ以外の部分でコンバージョンを計測するメリット

“可能性”を検討してみる

伝え方を変えてターゲットユーザーのアクションを促す

色々なテストが出来るリスティング広告

“予算の使われ方”を過去の数値と比較する

費用対効果の改善の前にすべき事

効果測定は計画的に

誰かに好かれたいのなら誰かに嫌われないといけない

広告がきちんとターゲットユーザーに届いているのかを確認する

まずはズバリそのものなキーワードで出稿してみたらいい

なぜよい結果になったのか?その意味を考える

型にはめて考えることはしない

その入札しているキーワードの性質に出来るだけ”早く気が付くこと”が大切

絞り込む前にやるべき施策、検討すべき施策

コンバージョンが取れてもいないのに絞っちゃダメ

強みを伝えるうえでの注意点

質の高いアクセスを集めることを意識する

仮説を立ててコンバージョン数を伸ばすための施策を

一人だけに振り向いてもらうという気持ちで

出てくるデータをどのように活用するか

機会損失を出さないような運用を心掛ける

コンテンツに意味を持たせるとアクセス解析がさらに進む

数字の意味を正しく理解すると具体的な改善ポイントがわかってくる