リスティング広告:コラム
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント

Yahoo!とGoogleは違うものと認識する

リスティング広告は基本的にはYahoo!の検索結果、またはYahoo!と提携している検索エンジンやYahoo!の媒体などへ広告を出稿するYahoo!プロモーション広告と、Google、Googleと提携している検索エンジンや同じようにGoogleと提携している媒体へ広告出稿するGoogleアドワーズと、主にこの2つを運用されている方が多いと思います。

以前は自然検索結果もYahoo!とGoogleで違いがありましたし、「Yahoo!は○○な人が使っていて、Googleは△△な人が使っている」なんて話もあまり聞かなくなったので、リスティング広告を運用している方の中には、「基本的にはYahoo!もGoogleも同じ」と考える方も少なくないのかもしれません。

確かに、システム的にはほぼ同じで新しい機能もGoogleアドワーズ→Yahoo!プロモーション広告と導入されていくものも多いですが、リスティング広告を運用していると、決定的に違うなぁ、と感じる事も少なくありません。

業種・業態、設定などによってだいぶ変わると思いますが、例えば、PCユーザーとスマホユーザーの比率なんかもYahoo!プロモーション広告とGoogleアドワーズでは違いが見られますよね。

両方に同じような設定をしていても、Googleアドワーズのほうがスマホユーザーの比率が高くなります。

これはスマートフォンの機種だったりキャリアだったりという影響がかなりあるのだと思いますが、そういった点から考えても、Yahoo!プロモーション広告とGoogleアドワーズとの違いと意識する必要があります。

また、これは昔から言われている事ですが、”部分一致の拡張具合”みたいなのも違いがみられます。

Yahoo!プロモーション広告とGoogleアドワーズで同じキーワードを同じ条件で、部分一致で入札したとき、Yahoo!のほうが広告の表示回数が多くなったりする事がありますよね。

検索クエリを見てみると、Yahoo!とGoogleでその傾向が違ったり、など、いろいろと違いがあります。

この検索クエリやマッチタイプの事について、どちらが良いとか、どちらかがずるいとか、そういう話ではなく、批判をしても全く意味が無いので、「その違いをきちんと受け入れて、それぞれに対して施策をしていく」という事が大切だと思います。

「Yahoo!もGoogleも同じように設定しておけばいいでしょ」という広告主の方もいらっしゃいますが、もちろん同じ設定で良いケースもあるのですが、そのままでは失敗してしまうケースもありますので、その点、「Yahoo!とGoogleは基本違うんだよ」ということは意識しておきましょう。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
  • 薬事法対策もお任せください。競合他社のいない(少ない)ところで販売数を増やす。医薬品・健康食品・美容系商材・サプリメント
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。